ローン

住宅ローン審査について 今回住宅ローン申し込むに当たり心配事があり...ローン

住宅ローンあり、車2台持ちの家庭は多いと思いますが、車の買い替えは現金一括払い...

住宅ローンあり、車2台持ちの家庭は多いと思いますが、車の買い替えは現金一括払いですか?オートローンですか?買い替えのたびに一括払いだと、せっかく貯金してもまたふりだしになりませんか?よく、で金利がもったいないから一括購入するべき。
できないなら持つな。
という回答を見ますが、現実的ではないような気がします。

住宅ローンありの車2台持ちです。
2~3年後に13年超えの車を買い替える予定ですが貯金して一括で買います。
金利がもったいないのもありますが車のローンは死んでもチャラになりませんからね。

同じ環境です。住宅以外はローンの選択肢は無しですね。乗り潰しなので、10年以上乗ります。その間、計画的に貯めるのみ。ローンを組んだら、貯金額が減るので、一度ローンで買ったら貯める事が難しくなります>中古の安いのを一括で買ってそこそこ乗ればいいと思いますけど>住宅ローンあり、車2台ありますが車は共に現金です。仮に買い替えまでに300万貯めて300万の車を買う家庭は車を買う為だけに貯金しているようなものです。そういう家庭は買い替えまでの期間が短すぎるか、買う車の額が高すぎるだけだと思います。現実的にはもっと安い車を買って長く乗るのがベストだと思います。>名コピーに「いつかは、蔵!うん」ってのがありましたね。
貯金して今ならこのぐらいの車が買える。って考えるのは楽しいけど、
ローンがあと何か月だと考えると嫌になります。
精神衛生上は貯金で買うのがいいかと思います。
ただあと10年もすれば、EVでどこへでもいける時代になるかと思います。
市職員、喫煙後45分EV使用NG
news.yahoo.co.jp/list?t=passive_smoking>車をローンで買う→ローンを払う→車をローンで買い替える→ローンを払うといるパターンが車を現金で買う→ローンを払っているつもりで次に買う車ように貯金をする→車を現金で買い替える→ローンを払っているつもりで次に買う車ように貯金をするになるだけですよローンをしているつもりで貯金をするのでふりだしになりません車に限らす、高額な商品は、同じことをしてお金を貯める>

住宅ローン審査について質問。
シングルマザーの看護師ですが転職したら住宅ローン...

住宅ローン審査について質問。
シングルマザーの看護師ですが転職したら住宅ローン審査が通らなくなりませんか?この前、新築を見学して購入したいので住宅ローン審査の相談を不動産屋さんにしたら看護師なら転職しても住宅ローン審査が通るから問題ないと簡単に言われました。
でも他の不動産屋さんは転職したら住宅ローン審査が通らなくなるから転職しないで欲しいと言われました。
どっちを信じれば良いですか?住宅ローンが通り難い人とはどんな人ですか?人生の転機で一人で色色心配です。
宜しくお願いします。

住宅ローン審査では、勤続年数は重要ですので注意が必要です。
住宅ローンを取り扱う金融機関により勤続年数の規定に違いが御座います。
私どもでは、各金融機関の審査基準について常に調べております。
【最低勤続年数の規定一例】・みずほ銀行:3ヶ月以上・三井住友銀行:規定なし・三菱東京UFJ銀行:3年以上・りそな銀行:1年以上・三井住友信託銀行:規定なし・中央ろうきん:1年以上・新生銀行:2年以上・住信SBIネット銀行:3ヶ月以上・イオン銀行:6ヶ月以上・フラット35:規定なし以上のように銀行により様々です。
意外にも最低勤続年数の規定を設けていない金融機関も少なくありません。
但し、勤続1ヶ月で住宅ローン審査が通るか?というと、そういう訳では御座いません。
あくまでも、申込者さまの属性次第です。
属性とは、職業、職種、年収、自己資金、個信など個人の総合的な内容のことです。
確かに、看護師などの専門的な資格がある人は、デフォルト率が低い(長期に亘り収入が途切れる可能性が低い)ので、保証会社の評価が高く、住宅ローン審査がとても通りやすいです。
しかし、転職直後になりますと、住宅ローン審査では、見る目が厳しくなります。
また、住宅ローン審査では、シングルマザーであっても表向きには影響ないとされていますが、否決ギリギリのラインでは少なからず影響でるはずです。
ご質問者さまの場合は、その審査で不利な部分を補える属性として『看護師』資格が御座いますが、自己資金や個人信用情報(他の借入状況)により、一概に大丈夫とは言えません。
出来れば、住宅ローン審査を通して融資実行後に転職した方が無難と言えます。
住宅ローン審査では、総合的に判断されますので注意が必要です。
各金融機関の審査金利や返済比率に則って住宅ローン審査シミュレーションが出来ますので以下をお試しください。
www.residential-estate.com/score/最後に、住宅ローン審査が通ることと、長期に亘って返済が続けられるということは、別問題です。
住宅ローンを借入する際には、無理のない返済金額や返済期間を熟慮して判断するとともに一度、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することをお奨めいたします。
頑張ってください。
お役に立てれば幸いで御座います。

転職すれば住宅ローンに問題があるかという話ですが、問題はあるというのが正確になります。
しかし、住宅ローンを借りることができないかという問いに関しては、そうでもないというのが正解になります。
住宅ローンの審査内容には、いろいろなパターンがありますので、誰もが同じ条件というものではありません。
金融機関が、融資対象者として認めることができるのは、返済期間中に関して返済を保証できる人ということになります。
金融機関では、お金が商品なのですから、その商品に対して対価を得られるかどうかが商売のかなめなのですね。
住宅ローンに関しては、保証会社というものの存在が大きくなります。保障会社か保証する人間だけにお金を貸すことができるのが住宅ローンになります。
この保証会社の判断がいろいろあるわけで、不動産業者もその決定的な理由を知っているわけではありません。多くのケース、担当する個人の経験測だけで判断しているのが現状なのです。
さて、医療関係、看護師のケースでは、国家試験を合格している人ということと、仕事にあふれることがない現状で、同じ職業を選ぶのであれば、転職しても転職前の期間を同業種での経験として、認めてくれるケースが多いです。
この結果、転職しても同じ看護師で仕事をしてる限り、収入面と購入物件の評価が住宅ローン審査の基本になります。もちろん個人属性は言うに及ばすです。
多くのケース、担当する営業マンの知識と金融機関の住宅ローン専門営業がおれば、何ら問題なく、話を進めることができるのが一般的な考え方になります。
事前審査を行い、その結果を見てみるとすぐにわかることですが、もし、審査に落ちた場合は、それなりの個別な理由があると判断でき、転職だけが問題だったということではありません。
シングルマザーが審査に影響を及ぼすがどうかですが、結婚しており主人の名義でローン審査を行わない場合以外は、さほど問題になることはまずありません。>一応銀行員しています。
それにしても、いい加減な不動産屋がいるもんですね。
低レベルにも程があります。詐欺レベルかな・・・。
住宅ローンの審査では
・貴方の属性
・担保物件
を総合的に判断します。
転職というのは属性に関わる部分ですが、一般的に勤続●年とか最低条件が設定されています。
勤続期間が短いことは、どんな職業でもマイナスポイントです。
転職して間もない場合には、看護師であってもNGになる可能性は否定できません。
こればかりは銀行次第だし、総合的に判断するレベルなので不動産屋じゃ大丈夫なんて判断はできません。
だから、あとの不動産屋のいうことが本当です。
看護師は国家資格があり、比較的転職しやすい職業ですので転職もプラスに判断されますが、
転職理由によってはマイナスに判断されることはありますし、普通の人は転職後すぐにローンを組むなんてしないので、経済観念のない人だとみられる可能性も否定できません。>ネット、メガバンクは勤続年数が厳しいです。
そして外部保証の信金や旧第二地銀も厳しいです。
そうなると、地元の大手地銀は勤続半年でも可能なケースがあります
国家資格保有ならなおさら大丈夫
貴方の地域の地銀は厳しいかもしれません。
よくリサーチしましょう。
基本、年収が上がる、新しい勤務先の規模が以前より大きく福利厚生がよい
Uターン等の場合は勤続3ヶ月でも大丈夫だったりします。
以上、地銀のローンセンターに勤務する現役でした>転職して一年は借りられません。もし借りられたとしても金利は高いです。住宅ローンを借りてから転職した方が得策。>転職したらローンが通らなくなる可能性があります。銀行員の方に言われました。看護師という点に関しては有利です。ただ、仕事をやめたとなる点が不利です。銀行にもよりますが、勤続年数が1年未満だとローンが通らないと言われました。銀行はお金を返してくれる人かそうでないかを見ます。仕事をやめたり、勤続年数が浅い人は返済が滞る可能性があると判断されるみたいです。仕事を一旦やめるのであればローンが通ってからにした方がいいです。>

住宅ローンについて

住宅ローンについて住宅購入を検討しています。
夫39歳 年収手取り340万 定年60歳(昇給おそらくこれ以上なし)妻35歳 年収手取り300万 定年62歳(昇給あり。
最高340万程度)子供0歳 の三人家族住宅ローン3000万 35年(頭金は諸経費分のみに使用予定のため物件に頭金なし)定年までに繰り上げ返済を考えています。
現在貯金900万教育費、老後資金含めて返済はキツイでしょうか?自分でのライフプラン上では可能ですが、住宅ローンについての知識がまだまだ浅く、他者からの意見をいただきたいと思いました。

手取りから逆算の年収がそれぞれ400~450前後だと思いますので3000万となればペアローン必須になりますかね。
■月々の住居費は?家を持つということは、住宅ローンだけでなく、固定資産税、修繕積立を考えなければなりません。
まずローンですが3000万@35年ということは、審査のゆるいフラット35でいくならざっと計算して返済:約9.5万円/月、団信保険料: 約1.4万円/月(三大疾病補償等ナシ、デュエットあり)となりますから毎月の返済が計11万円ですね。
団信保険料は元金が減っていくと徐々に安くなっていきます。
固定資産税は買う物件次第ですが、1万円/月前後でしょうか。
当初数年は減免があるので安いのですが優遇期間が過ぎると建物に関しては2倍に上がりますので注意。
その後は資産価値減少に伴い建物分は徐々に下がっていきます。
修繕積立について戸建てでは自己責任となりますが、だいたい10~15年後で目地シールの修繕やコンロの交換、15~20年前後で外壁や屋根のメンテナンスや風呂釜の交換など、ある程度の修繕は見込まなければなりません。
だいたい10年ごとに100万程度の修繕に備えるため1万円/月の積立をしましょう。
以上一か月あたりの「住居費総額」は13万円前後ということになります。
これでもかなり厳しい数字かなとは思いますが上記はまだ繰り上げを考えていません。
仮に全く繰り上げなければ定年時に15年分1000万円以上の残債が出ます。
希望は定年までに完済ということですので20年として考えてみましょう。
そうするとローン返済:14.8万円/月のペースで返済していかないと定年までに完済できませんね。
そのほか団信等の費用は同じですから、計18.2万円/月の住居費がかかる計算になります。
またマンションでは、修繕積立がだいたい月2.5~3万円前後になります(或いは月1万円の積立+大規模修繕時に数十万円の徴収)。
また管理費で1万円前後、それと駐車場代も必要になりますので、戸建てに比べて物件価格は安くなっても、月々の出費としては数万円増えますので注意)。
■現在の貯金購入予定の物件の総額がわかりませんが、仮に物件価格3000万としても諸経費が250~300万円程度かかります。
これは原則として現金払いです。
また家具や家電の買い替え費用、さらに引っ越し費用として少なくとも100万円、実際は150万円近くかかっても不思議ではありません。
となると、少なくとも900万円の貯金はすぐに半分になります。
なので、借り入れ3000万なら、購入する物件価格は高くても3300万円前後(頭金で+300万迄)が限度、となりますね。
それで、貯金残高150万ほど。
ギリギリです。
■お子さんの教育費あなたのライフプランではお子さんにどういう教育をする予定でしょうか?公立か私立かで授業料は数倍違います。
また大学で上京して一人暮らしともなるとその費用も大変です。
しかも、お子さんが大学に行く頃、ベストケースでいっても大学卒業前にあなたは定年を迎えるのです。
■その他の資金(車)マイカーの所有やレジャー等にもお金は必要です。
車は何年ごとにどのくらいのランクのものを買い替えていますか?マイカーローンは住宅ローンよりはるかに金利が高いので、ローンで買うなんてアホのすること。
現金一括購入が大原則です。
平均的に9年でミドルクラスのミニバンやファミリーカー等を買い替えていくなら300万前後が必要になりますので、毎年33万円=月3万円前後の積立が必要ということですね。
自動車を保有していると、車検や税金、任意保険、タイヤ等、そのほかガソリン、オイルなど費用が、1か月あたりに直すと約2~2.5万円ほどがかかります。
つまり平均的ファミリーカーを維持するには1か月5万円前後がかかっている、ということですね。
■老後の資金老後、いくらお金が要るとお考えでしょうか。
「平均的な老夫婦の生活」を送ろうと思えば、定年から平均余命の間に約3000万のお金が「年金以外に」必要と言われています。
別に贅沢な暮らしをするわけではありません。
実際には60歳で定年してから年金支給開始までは無収入での生活となりますので、その5年間、どんなにつつましやかに生活しても1500万程度のお金はかかります。
残りの平均余命まで約20年、1500万円を切り崩したら1か月あたり6.25万円にしかなりません。
年金とあわせても、生活はギリギリです。
3000万の貯金ごときではとても優雅な老後は送れないのです。
まして年金支給開始がいつまでも65歳であるとは限りません。
67歳~70歳に引き上げられることはもはや既定路線ともいえます。
仮に退職金を1000万もらえるとしたら、あと2000万、20年で積み立てる必要がありますね。
そうでなければ定年後も働き続けて所得を得るなどで補うしかありません。
いずれにしても「定年時に3000万の自己資金が必要」というのは1つの鍵です。
■正しい2馬力ローンとは「ローンは一人の所得で審査通る分まで、月々の返済も一人でできる額におさめつつ、実態は奥さんが働いている間は2倍速で繰り上げて返す」のが正しい2馬力ローンです。
夫婦2馬力全力疾走は何かあったらただちに「ローン地獄」に陥りやすい典型的パターンになるので注意しましょう。
■生活費総額を考える「20年完済プラン」であれば、家計を単純に足し算すると・住居費18万・マイカー総経費 5万・食費 6万円(お子さんが育つとこれでも厳しくなってきます)。
・水道光熱費 1.5万円・通信費 二人で2万円(大手キャリアの場合)くらいとみて、月々32万円が固定費です。
そして忘れちゃいけない「教育費」。
すべて公立の場合で幼稚園:約25万/年小学校:約30万/年中学校:約45万/年高校:約40万円/年→給食費が無いことと高校無償化の影響大学:約120万円/年ほどの費用がかかります。
それぞれ私立なら上記の3倍はかかります。
そのほか夫婦それぞれのお小遣い、服飾費や生活雑貨等のお金を考えると、すべて公立に通わせた場合でも月の支出は42~45万円前後になります。
ボーナスを除いたお二人の手取りは月々40万ほどだと思いますので、すでにボーナスを切り崩して家計に積んでギリギリの額です。
また上記は車以外の各種保険も一切計上していません。
生命保険やがん保険等の病傷保険等は考慮していませんさらに老後の資金積立も考慮していません。
仮に「定年までに2000万貯金」を目指すとしても、月8万円のペースになります。
仮にフラット35ではなく変動で有利に借りられたとすれば(金利変動はとりあえず考慮せず)月々の住居費が2万円ほど下がりますが、焼け石に水だと思います。
>自分でのライフプラン上では可能ですが上記の数字をみた感じ、あなたの「ライフプラン」と比べてどうですか?たとえば、いま賃貸住まいだと思いますが、家賃が上記金額になったとして、生活成り立つでしょうか。
家計簿付けていたらわかると思いますので考えてみましょう。
もし大幅に超過しているとしたら、何を削りましょう?ということですね。
じっくり考えてみてください。

お子さんは0歳とのことですが、一人でいいのでしょうか?奥様の考えもあるでしょうし、人数によって家の大きさなど変わりますからね。銀行はリスクがなくても、主さんはリスクがとても高いので、よほどの家で計画的ではない限り頭金を貯めてみるべきでしょうか。>教育資金と老後資金はどうするの?
年齢の割には貯金少なくないですか?>

住宅ローンに関して質問です。

住宅ローンに関して質問です。
夫婦共働き夫(30)450万妻(28)300万頭金150万程①土地+建物\3.600万程月々返済9万?9.5万ぐらい?②土地+建物\3.200万程月々返済8万?8.5万程ぐらい?①が第一希望なのですが、②との差を考えると妥協せざるを得ない状況と思ってます。
ローン審査は世帯で750万あるので通過出来るでしょうが、ゆくゆく妻が妊娠・出産等で働けない期間が出た場合①でも②でも厳しいでしょうか?妻の会社は男性9割の会社なので、産休・育休制度が形骸化しており、取得するのは難しいです。
子供は二人欲しいので、余り住宅ローンで首回らない状況になるのが怖いです。
色々と物件見ましたが\3.000万以下の物件は妥協出来るレベルではありませんでした。
詳しい方ご教示ください!補足若干説明不足な部分がありました。
現在家賃9万(駐車場込)に住んでおり、会社の住宅手当は無い状態です。
勤続は7年です。
少し急いで話が進んでいるのは隣の住人が騒音激しく、妻が家に帰りたくないと言い出す状況というのもありまして…一生の買物を隣のせいで性急に進めるのは良くないと感じておりますが、妻は今検討中の場所は気に入ってるみたいです。

ローンを組む前に少し考えておかないといけないのは3600万にせよ、3200万にせよ頭金が150万で残り全部をローンで賄えるかということです。
一般的には物件価格の8割程度が融資額の目安ですからどちらも頭金としては不足していると思います。
また、物件購入に際して生じる諸税や諸経費の捻出はどうされるおつもりでしょう?頭金として用意できる150万円以外に手持ちの現金がなければ計画そのものが成りたたないと思います。
冒頭に書いたように頭金も不足気味なので本来なら手持ち資金が最低500万は用意できないと無理な計画と思います。
因みに審査が通り頭金150万として諸経費分を差し引かれたローンが①物件で3500万のローン②物件で3100万のローン(諸経費などを概算を50万としてその分を組み込んだローン)どちらも金利1%、35年、ボーナス払いなしとして月々の支払額は次のようになります。
①98800円②87509円となります。

奥様が妊娠して働けない期間、支払いが厳しくなるかどうか計算も出来ないなら35年もの長いローンは組まない方がいいと思いますよ。
破綻しますよ。>>子供は二人欲しいので、余り住宅ローンで首回らない状況
になるのが怖いです。
> 色々と物件見ましたが\3.000万以下の物件は妥協出来る
レベルではありませんでした。
あなた、言っていることが意味不~。
一度、首回らなくなって下さいな。>まず諸経費で150万くらいは飛びますが
貯蓄はどれくらいありますか?
ざっくり申し上げますと
世帯年収が750万(しかも奥様が働けなくなる可能性あり)
という事ですと、借入れは2000~2500万くらいが限界だと思います
(頑張っても2800万)
3000万以下の物件は妥協できないという事であれば
1200万ほどの貯蓄が必要です
3600万の物件を購入するとして
800万の頭金と、多めに見て諸費用を200万、
手元に200万残す。>頭金150万円は、諸費用は別で用意してある中で頭金が150万円という事でしょうかね。
個人的な意見です…
これからお子さんを…という事でしたら、奥さんの収入は考慮せず、旦那さんの収入のみで、生活やローン返済を賄えるくらいでなければなりませんね。
年収450万円なら1800万円程度の借入が無難でしょうね。
となると、頭金150万円で2000万円程度の物件が相応という事になります。
3200万円の物件なら(諸費用は別)、今のままではあと1000万円ほどの頭金があれば良いという事になります。
3600万円(諸費用は別)なら1500万円弱の頭金を入れれば買えます。
現状としては、
1.今買うなら2000万円程度の物件に抑える。
2.3000万円強の物件を希望するなら、相応の頭金を出す。
3.1000~1500万円の貯蓄がないなら、5年程度を目安にとことん節約して貯める。
その頃には旦那さんの収入も多少は上がるでしょう。
5年後あたりに奥さんが子供を産み終えて、問題なく復職できて、仕事や家事育児、両立の生活になれていて、ずっと仕事を続けられていけそうであれば、初めて奥さんの収入を考慮した借入額を考えれば良いです。
多分、↑が一番現実的ではないでしょうか。
>色々と物件見ましたが\3.000万以下の物件は妥協出来るレベルではありませんでした
誰でも希望する地域、価格で購入できる訳がないでしょ?
家のグレードを下げたくないなら、自分達の収入や貯蓄で買える地域で探す。
土地を重視するなら、家のグレードを下げたり、中古も考慮する。
無い袖は振れません、妥協するしかないんですよ。
今のあなた方が3000万円のローンを組んでも、産後奥さんや子供に問題が出てきて、奥さんが予定通り働けない、待機児童問題で働けない、復職したは良いけど、家事育児両立が厳しく続けられなかった…なんて事も決して珍しい話ではありません。
これから子供を産むなら、奥さんの収入が無いと返済していけないような借入額は辞めるべきだと思います。
子供2人、旦那35歳位までで3000~3500万円のローンを組むなら、単独年収750~900万円位はあった方が良いという事です。
そこに奥さんの収入が加われば、繰り上げ返済や今後の各貯蓄も楽になるという事です。
借入額は今後十数年~数十年の生活にも響いてくるものですから、ご夫婦でよく相談された方が良いです。>まず、欲しい物件に対して自己資金が少なすぎます。最低限、物件価格の1割はないと厳しいです。150万では諸費用にもならないです。次に借り入れ額の決め方ですが、世帯収入ベース、つまり合算して借りるのは、夫婦ともに属性がよい人限定です。公務員とか、上場企業など安定していて福利厚生や産休育休がしっかりしている会社の人。それを勘違いしてしまうと、破綻しますよ。銀行は貸した分を返してくれれば、契約者がどんな貧しい生活になろうと知ったこっちゃないのです。普通の感覚だと、あなたの状況なら旦那様単独年収で借りられるローンを選びます。なので2500万程度。それ以上の物件が欲しいなら、貯金がたくさんあることが条件です。世帯収入700~1000万程度の人は、この辺を判断できずに破綻しやすいと言われてます。追記現在家賃9万だから、と書いてますが、住宅を購入したら毎年固定資産税もかかりますし、修繕のために積立しとかないとすぐに劣化してしまいます。賃貸なら、修繕は大家負担です。あと、万が一金利が上がった場合に耐えきれますか?奥様が仕事やめて子供二人で家賃9万に耐えきれる年収とお考えですか?人生いろんなことを想定してローン組まないと、早々に手放すことになりますよ。例えばですが、某有名企業で不正会計で荒れてる会社がありますが、ボーナスがカットになったり、年収が200万以上下がった人も知ってます。ボーナス払いのローン組んでた人たちは、今かなりきついようですよ。売り払った人も聞いてます。事故で働けなくなる人もいます。だから夫婦合算の場合、基本的にはどちらかだけの年収でも払える額にしておいて、税制上の問題から夫婦合算にしたりしてるだけです。あと、住宅ローン控除を見込んでる人も破綻しやすいです。控除はあくまで貯金増やせる期間と割りきって、何かの支払のあてにはしない。これが原則。>

住宅ローン審査について、教えて下さい。

住宅ローン審査について、教えて下さい。
年収770万勤続年数10年年齢34才頭金500万家族 妻、子供3人勤め先 上場企業4000万の住宅ローンを考えています。
ただし、3年前にクレジットカードの引き落としミスで2回の遅延をしました。
その後、クレジットカードを解約したためにCICに遅延情報が残っています。
現在はローンなどは全くありせん。
住宅ローンに通るか不安です。
アドバイスをお願いします。

住宅ローンが通るかどうかは、最終的には銀行の判断になります。
駄目だった場合も、理由は教えてくれません。
年収770万で、4000万の借り入れですから、絶対に厳しいというわけでは無いと思います。
ただ、クレジットカードの引き落としミス、とありますが、結局の所、こういった「脇の甘い」人は、「お金の管理ができない」人とみられ、借り入れができない可能性もあります。
いずれにしろ、銀行に相談をすべきです。

ちなみにネット銀行の楽天銀行を考えています。2日前に事前審査に通りましたが、どこまで審査しているか?わかりますか?教えて下さい。>過去の遅延は審査に影響します。
そこは金融機関の保証会社が決めますので
金額的な面を・・・
月々の支払いの総額×12を年収で割ります。
30%未満なら金額的な問題はありません。
40%超えたらアウトです。>

住宅ローン審査について

住宅ローン審査について今回住宅ローン申し込むに当たり心配事があります。
私は現在40歳の男です。
妻に子供が2人おります。
私の年収は600万円、勤続年数22年中小企業勤めです。
会社の業績は良好です。
妻は専業主婦です。
私は5年ほど前に離婚経験があり、その際、前妻に500万円の慰謝料を払いました。
そのお金を工面するのに、銀行のカードローンから300万とア○ムから200万円を借り入れました。
2社の支払いは延滞などの無く現在の残りが300万になりました。
今回住宅ローン申し込むに当たり、残りを一括返済してから申し込む予定です。
それ以外の借り入れは一切ありません。
質問は、私のように借り入れ履歴があれば審査などが厳しくなりますか?ご回答お願いします。
借り入れ予定 3000万円 30年返済です。
補足完済後すぐに申し込む場合は、銀行に完済しましたと説明し、借入先から完済証明などを発行していただき、一緒に提出するのが良いですか?

カードローン、アコム共に完済、解約を行って、解約証明書と残高0証明書をもらってください。
住宅ローンを申し込む際には、完済、解約証明を添付してください。
口頭での申し出は認めない銀行もありますし。
下の方で間違った回答の方がいます。
完済、解約の情報が個人情報に反映するには一ヶ月以上かかる場合も多々あります。

元銀行員でファイナンシャルプランナー(CFP)です。
過去の借入に延滞等がなければ個人信用情報の履歴も問題ないはずです。
現在の借入を完済するとのことですので、早めに完済されて完済証明などを持ち込むのではなく、記録上無借金の状態で申し込む方がベターです。
過去に消費者金融などの高利の借入があったとなると、心象的にも良くありませんからね。
また、カードローンは完済後、即解約してください。
カードローンは、クレジットカードのようにショッピング機能はありませんが、あらかじめ決まった金額(極度額といいます)までなら、カード1枚でその金額までATMで何度も自由にお金が借りられる商品です。
ですから、借入残高はなくても、極度額まではいつでも借り入れできる意味でその額の借入があると見なされます。
クレジットカードも不要なものは解約してください。
住宅ローン審査の意外な落とし穴がクレジットカードのキャッシング枠です。
クレジットカードはショッピング等の支払いだけでなく、ATMにクレジットカードを入れるだけである一定枠まで簡単にお金借りることができるキャッシング機能があります。
いつでもお金が借りられるわけですから、借りていなくてもこの枠が既に借りているものだとみなされてしまうことがあるんです。
つまり、キャッシング枠のついたクレジットカードをたくさん持っていると、キャッシング枠を使っていなくてもお金を借りていると見なされ、これが理由で住宅ローンの審査に通らないという場合があります。
せっかく現在の借入を完済して住宅ローンの申し込みをされるわけですから、ミスのないよう、事前準備を充分に行って申込されることをお勧めします。
住宅ローン審査の事前準備については、以下のサイトをご参照ください。
ご検討をお祈りします。
juutakuloan.i-create103.com/custom62.html>完済すれば借り入れ情報が消えます。
消えていれば完済証明はいりません。
消費者金融関連の銀行でなければ借りていた事すらも分からないので出来れば消えてから住宅ローンの審査を受けるのがベストです。
借金して払い終わりましたより借金してませんの方が良いのです。>カードローン借入があるまま申し込んだら、
おそらくカードローン残債の一括返済が条件になります。
先に返済しておいた方が良いです。
借入履歴があると「また借りるのでは?」と思われて、
マイナス評価ですがそれだけではNGにはなりません。
40歳で所得600万は標準的ですし、3000万なら通ると思います。
ローン手数料、火災保険料、登記、税金、引っ越しなどで、
10%ほどは現金を用意しましょう。>完済してからの申し込みでしたら問題ないでしょう。
ただし、完済直後は危ないかもしれません。
完済してもしばらくは信用情報に履歴が残るようですので
マイナスの印象を金融機関に与えるかもしれません。
融資金額と期間、年収を考えれば
通ると思います。>去年旦那の名義で住宅ローン組みました。まず年齢制限が40歳までです。頭金の金額によって40歳でもローン組めると思いますが…難しいかもですね。借入履歴については申し込む際に借金が無いのでしたら大丈夫だと思います。報告する必要がないので。>

-ローン

© 2020 TM聴きながらセルフコントロールしてる俺