家計

家計の管理について。 夫婦で収入に差がある場合、多い収入がある方が...家計

家計管理について。

家計管理について。
現在共働きの30代前半夫婦です。
5月に子供が生まれる関係で、4月に妻である私は離職します。
これまでは、それぞれ別々の口座で、それぞれの支払い(携帯代、保険等)をし、こづかいもそれぞれ稼いだお金を自由に使い、主人が生活費等の支払い、私が貯金担当と、別々にやり繰りしていました。
そして私の出産、離職を機にこれからは共通の口座を持ち、家計管理を全て私がやることになりました。
共通の口座は主人名義の口座です。
光熱費など、この口座から自動引き落としにしようと思ったのですが、どうせならポイントが貯まるし、クレジットカード払いにしたいなと思ったのですが…私も主人もそれぞれ個人の口座に紐づけられたカードを持っています。
それらとは別に、共通口座に紐付けた新しいクレジットカードを持ちたいのですが…『家族カード』はまた違う意味合いのカードですよね。
どのように新しくカードを作ればいいのでしょうか…(主人名義?私名義?)。
また、似たようなやり繰りをされている方がいらっしゃれば、ぜひどのようにやり繰りされているか詳しくお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

共働き9年目の40代女性です。
現在、夫の給与口座から夫の小遣いを残し、以下毎月振替。
①妻名義・生活費口座→現金管理する生活費。
明細は家計簿。
②妻名義・クレカ決済→クレカは妻名義、夫は家族カード。
③夫名義・口座振替用→カード払いNGの支払全て。
学校指定。
夫がクレカ嫌いなので私名義で作り、通信費、光熱費含めカード払いできるものはこのカードで。
夫は急な出張や飲み会用に家族カードを保有。
②はカード代金を毎月入金します。
他にカードは一切なし。
このスタイルに定着するまでは色々試行錯誤しました。
共通口座で全部管理していた時もありますが、カードや振替の金額を残して生活費を使うのは面倒ですし、振替日もまちまち。
②③はネットで、①は給料日とあと2回下ろす程度です。
ちなみに私の給与口座(全額家計の貯金)、子供それぞれの口座、貯蓄専用の口座など全8冊通帳があります。
ご参考に。

共通口座がご主人名義であれば
ご主人名義のカードでいいと思います。
うちも最初はそうしていましたが
ポイントをためたいので主人名義の
カード1本にしました。
仕事に復帰し私の名義の貯金に
貯まった金額を入れていき子供が生まれ
貯まるたびに一括で学資にはいりました。
どっちがどっちのお金か分からない状態ですが
どっちも二人のお金なのでいいかな~って
感じです。
年間2~3万のポイントが帰って来ているので
それは日用品につかっています。>結婚後に妻である私名義のクレカは全て解約しました。夫のエネオスカードの家族カードを作りました。今まで自分名義のクレカで落としていたものは、全て家族カードに切り替えて夫の口座からの支払いです。携帯は2人とも一括請求にしているのでパソコンから内訳が2人分見れます。おかげで夫の無駄遣い(課金やケータイショッピング)がすぐにわかるのでやらなくなりました。>・現在旦那が所有しているカードの引き落とし口座を共通で利用する口座に変更する。
・その旦那のカードの家族カードを発行してもらう。
・現在貴方が所有しているカードの利用は避け、今後は家族カードを利用する。
で、いいと思いますが。
旦那さんが使用した分と、貴方が使用した家族カードの分が纏めて共通利用の口座から引き落とされると思います。>

家計診断お願いします!

家計診断お願いします!近々結婚予定です。
子供が出来るまでの家計計画をアドバイスください!家賃7万(2LDK、管理費込み)食費4万光熱費1.5万(電気7千円ガス2000円水道6000円)雑費日用品代0.5万携帯2台1万プロバイダ料0.5万医療費0.2万美容院代(夫はセルフカット)0.4万(2月に一度通うペース)夫小遣い2.5万妻小遣い1.5万娯楽交際費1.2万被服費0.5万交通費0.3万貯金3万合計24.1万

一人分の収入のようだけど、奥さんは働かないんですか?2人分の収入ですか?いずれにしろこの収入で小遣いの額は多いと思います。
ご主人一人の収入なら、ご主人の小遣いはちょっと多めか平均的ですが、専業主婦の小遣いで1.5万は高いです。
さらに美容院代は小遣いに含めるべきかと思います。
ご主人がセルフカットで費用をかけないなら、あなただけの費用になるものは小遣いの範疇にしたほうがバランスが取れると思います。
保険は加入しないのでしょうか?入院費などが払える預貯金があればいいですが、万一の備えについて、結婚を機に考えてみてください。
貯金額を減らさず、現状の支出を減らして、保険料を捻出することを考えてください。
娯楽交際費の中身は?友人関係の結婚祝いの積立?それとも単なる娯楽費?子供が生まれるまでは2人で遊びたいっていうなら、割り切って使うのもアリですが、子供が生まれるとお金もかかります。
食費は工夫次第で減らせるとは思いますが、最初の予算取りならこんなものかと思います。

共働きですか?
家賃7万(2LDK、管理費込み)
食費4万→目標3万5千
光熱費1.5万→冬場2万
お二人で ガス代2千円は夏場の水準。
冬は7~8千円かかると思います。
水道代は地域にもよりますが 逆にもっと抑えられるかも。
雑費日用品代0.5万
携帯2台1万→SIMでもっと安くなるかも
プロバイダ料0.5万
医療費0.2万
美容院代カット 奥様もセルフカットでいけます!あるいは格安カット店利用。
夫小遣い2.5万
妻小遣い1.5万→専業主婦なら1万カット
娯楽交際費1.2万
被服費0.5万
交通費0.3万
貯金3万
お車も持っていないようだし、概ね無駄は無いように思います、収入を増やして貯蓄に励んだほうがいいのではないかと考えます。
交際費や医療費などが 使わない月は貯金になっていればいいなと思います。>格安スマホ千円カット>これ、奥さんが専業主婦ですか?それとも共働きで?
ボーナスは出るのですか?
それによって違ってきますが、
子供がいないのなら、手取りの2割は貯金できないと・・・。
子供ができたらお金が色々かかるので、赤字になりますよ?
ボーナスなし、奥さんが専業主婦orパートだとしたら、
被服費と美容院代を夫婦それぞれのこづかいに入れて、さらに奥さんのこづかいは1万円。
それで、貯金が4.4万円。
もしボーナス無しなら、
家賃はもう少し安いところにしないと探せないですか? 7/24.1=29%。
この比率は苦しいです。
臨時出費があったら貯金を切り崩すことになりますよね。
でも貯金2割と言うのは、帰省とか家電が壊れたとか、そういった臨時出費があっても切りくずさないで済むお金です。
臨時出費用には予備費として別途用意する必要があるので。ボーナス無しなら家賃を下げて、貯金2割、予備費1割(暫定貯金)が必要です。
要するにボーナスを含めて平時の生活費は収入の7割になるよう設計しましょうね、ってことです。>貯金少ない。
夫婦の小遣い5,000円ずつマイナス、
食費も同じく5,000円マイナスして貯金に回す
娯楽交際費・交通費・美容院代はそれぞれの小遣いから>娯楽交際費1.2万に関して お互いの小遣いから捻出して
貯金に回しましょう
ボーナスはお子さんが生まれた後などでの資金として全額貯金です>

家計簿アプリのzaimを使い始めました。

家計簿アプリのzaimを使い始めました。
繰り返し入力を設定したのですが、毎月の反映日を間違えて入力してしまったので修正したいのですがメニューが見当たりません。
どこから修正できるのでしょうか?

左上の三本線をタップ、もしくは左端から右にスワイプすると左メニューが現れるので[便利ツール]に[繰り返し入力]があります。
アプリ内ではなくWeb版にアクセスして編集するようですね。
一覧が表示されているので項目を左にスワイプさせると編集や削除のボタンが現れます。
ちなみにこういうことは左メニュー⇒[お問い合わせ]から運営に問い合わせた方がよろしいのではないかと思います。

ありがとうございます!編集できました>

家計の管理について。

家計の管理について。
夫婦で収入に差がある場合、多い収入がある方が生活費を多く出すのは当然ですか?私たちはどちらも正社員で共働き夫婦です。
結婚3年目で子どもはいません。
夫34歳手取り15万、私30歳手取り33万。
夫は家計に10万ほど入れており(主に光熱費や車のローンの支払い)、私は14万ほど入れています。
支払い分から余った夫の給料約5万円はすべて飲み会や遊びに使い切ってしまい、足りなくなると生活費を削って遊びにまわしてしまうため、夫担当の光熱費などは毎月自転車操業になっているのが実情です。
また、夫がお小遣いを毎月5万円使っているのに対し、私は自分の収入から支払い分を引いて余った約20万から3万円をお小遣いとしてもらい、残りは2人のものとして貯金しています。
なんだか納得がいかない、と言ったら『じゃあお前ももっと小遣い分取ればいいだろ』と言われました…私よりも小遣いを使い、しかも生活費の支払いを来月にまわしてまで遊び、本当に足りなくなったら『1万だけ貸して』を連発し、なんて甲斐性のない男と結婚してしまったんだろうと後悔しています。
ちなみに、家事は7対3で私が主にしています。
夫はたまに手伝ってくれます。
たぶん優しい夫の部類と思います。
私の収入を当てにされているのが悔しくてたまりません。
1度『支出分は折半にしよう』と持ち掛けましたが、『これ以上俺に飲みに行ったり遊びに行くなと言いたいのか』と怒って却下されました。
自分が自由に使えるお金が減ることが許せないようです。
子供が欲しいのに私が産休・育休になったときの経済状態を考えると、怖くてつくれません。
私のほうが稼いでるんだからケチケチしないでこれからも家計に貢献していけばいいのでしょうか?

こういう問題は本来は結婚前にしっかり見極めたり、話し合うべきだったように思います。
旦那様の収入が低いことは御結婚前にも判っていたことだと思うのです。
旦那様が御結婚前にどんな生活をなさっていたのかわかりませんが、旦那様は最初から自分の収入範囲内であなたを養おうとかそういう気持ちはなかったのではないでしょうか? ご実家でご自分の収入はほぼお小遣い…という生活をなさっていて、今でも不満を抱いているのかもしれませんね。
旦那様、下手したらあなたと結婚したらもっと自分のお小遣いをもらえると思っていたのかもしれません。
恋愛と結婚は別…というのがこういうことなんだと思うのです。
うちも実は妻である私の方が収入が多いです。
質問者様宅ほどの差ではなく、10万円くらいの差なのですが、家計には私の方が多く入れています。
互いの年収比で割ったくらいの金額を出しあっているので。
私の感覚からすれば、あなたのお金をアテにされている…と感じるほど、あなたが家計において負担しているのか?と言えば疑問です。
でも旦那様がご自分が支払うべき金額をきちんと支払わず、あろうことかさらにお金までせびる…という行為は情けない話だと思います。
ただ甲斐性がないのは今さらの話で、これは甲斐性の問題というより責任感の欠如なのだと思います。
約束を守る、決められたことを守る…こういうことを守れないこと、お付き合いの頃からありませんでしたか? ではどうするのが良いのか? これは結局のところ2人で話し合って解決していくしかありません。
ちなみに私は産休・育休中も生活費の負担はしていました。
旦那は全額負担するという気持ちもあったようですが、産休にしろ育休にしろ手当があることはわかっていたので、それを伝えて無理のない範囲で負担しました。
家計に対してどう考えるのか? 私自身は稼ぐものがそれなりに負担するのは当然だと思います。
でも稼いでいるあなたより旦那様が多くのお小遣いを使い、それに対してあなたが不満を持っている以上は旦那様がいくら怒ろうともあなたの主張を受け入れてもらうしかありません。
旦那様を養うためにあなたが結婚した、養うのでも構わないほど好きなら話は別なのですが、そうではないなら少しずつでも話し合っていくしかないと思います。
たぶん今の収入差だとあなたの育休手当の方が旦那様の収入より多いことになります。
そういう意味では育休中でもあなたが現在負担している金額程度は収入が入りますからご安心を。
ただし、今後の夫婦生活を考えてみて、お金の部分を受け入れてそれでも夫婦として生きていくのか、やはり曲げられないから離婚を視野に入れていくのか…ここの気持ちが決まるまではお子さんは作らない方が良いと思います。
子種としてだけ考えるのなら話は別ですが。

>夫婦で収入に差がある場合、多い収入がある方が生活費を多く出すのは当然ですか?
それぞれの家庭で決める事。あなたがそう思えないなら、夫婦で話し合うべき。
うちも私の方が若干収入が多いです。
でも私の負担が多くても(実際は私の負担は若干多いくらい)、不満は出ません。
旦那の小遣いは2万ですけど、その2万から外食費や、ちょっとした物を買ってくれるので、自分にはあまり使っていない様子です。
でも旦那も不満なんか言いませんよ。
逆に私や子供、おばあちゃん等、みんなが喜んでくれる事が嬉しいからって…。
旦那さん、うちの旦那と同い年…。
手取り15万で小遣い5万じゃ足らずってどんだけ遊び回ってるの?
家事を3割手伝って優しい旦那の部類って…世の中そんなに手伝ってくれない旦那さん多いんですか?
うちじゃ考えられませんよ(うちは6:4くらい)。
子供が出来たら明らかにあなたの負担が増えるんですから、普段からもっと手伝って貰って、入院中とかあなたが不在の時に備えないと大変ですよ。
話し合って、お互い妥協点を見つけ、助け合える夫婦になれると良いですね。>自覚と責任感のないご主人ですね。
別に妻が生活費を多く出してもそれはいいと思うのですが
手取り15万ぽっち!で5万の小遣いを使い それも足らずに無心する
と言う行為が金銭感覚のなさといい加減さを表しています。
収入が少ないのが悪いわけではない。
自分の収入に合わせた生活ができないのがダメ、と言うことです。
妻の収入をアテにして貯金も考えずに遊び呆けるのがダメ、と言うこと。
(これは男だからではなくて 専業主婦の妻が家計を考えずに
浪費したとしてももちろんバカです。)
で、「これ以上飲みに行ったり遊びに行くなと言いたいのか」って
私なら「そうですが 何か文句でも?」とか言ってしまいそう。(笑)
一番の不安は出産であなたが働けなくなった時です。
おっしゃるようにこのままでは経済的に回らなくなる可能性が大きいので
子供は無理かもしれませんね。
この「妻が働けない時期のことを考えていない」ことが致命的なんです。
ま、そのご主人と今後も連れ添うおつもりなら
せめて貯金はあなたが名義でしておきましょう。
それぞれの給料から生活費と小遣いを出し
残った分をそれぞれの名義で貯金するということです。
当然ご主人は残りませんからあなた名義の貯金だけが増えます。
結婚後の貯金は共同の資産になりますが、細かく裁判でもしない限り
あなた名義の貯金はあなたしか動かせませんから今後の自己防衛
のためにも「名目上は二人の貯金だが名義は妻」にしておきましょう。
(あるいは名目貯金と「へそくり」を上手く使い分けること)
今の時点であなたの方が生活費を多く出すのは仕方がないことですが
出産を希望されるならご主人に使いこまれないように費用を捻出して貯めておくことです。(いざとなったら子供を抱えて旅立てる準備をしておくということです。さもなきゃ結婚自体を見直すか、ですね。)>例えばこれが男女逆だったとしたら、少ない方の給与は全額貯金、
多い方の給与から生活をまかない、さらに貯金すると思います。
フルタイムパートや契約社員の妻で15万の収入であっても5万も
小遣いにしている人はなかなかいません。あなたのご主人は
あなたを養うどころか、自分の生活費をまかなう気もないとしか
思えません。
それを「飲み会に行くなと言いたいのか!」とまで言い切る態度に
あなたは家計に貢献する気もなくなるのだと思いますが、これは
ご結婚されてからずっとなのでしょうか?よく話し合われましたか?
子どものことは、この状態では絶対に考えるべきではないです。
あなたの収入をこれから家計に貢献?それがあなたのすること
でしょうか?一度「仕事やめようかな?」と言ってみられては?
あなたの収入がご主人をだめにしている、と言えなくもないとさえ
思ってしまいます。折半でない、ということは同棲以下ですよ。
私は出産まで正社員共働きで夫の方が給与も高かったけれど
お互いに給与の半額を家計に入れて私が管理、あとは自由。
出産以降は夫は小遣い制に。私が社会復帰してからも給与は
ないものと全額貯金、夫は小遣い制を続けてくれています。
出産前ですが、夫が転職のための就活で半年収入が途絶え
たことがあり、私はそのまま仕事して収入がありましたが、夫は
自分の貯金を崩してそれまでと同じ生活費を入れてくれて
いましたよ。自分の貯金を結局ある程度使い果たしていたし、
飲みにいくなんてごくわずかでした。
あなたがご主人と今後もやっていく気持ちに変わりなければ、
喧嘩を恐れず話し合う時間をとる。実家を交えて話してもよい
レベルです。それか、あなたの給与を使い果たされる覚悟で
ご主人に預け、あなたは小遣いをもらう?それもいやですね~
二人の貯金というのはあなたの名義ですか?それは絶対に
勝手に使われないようになっていますよね?絶対に凍結し、
最悪の事態に備えましょう!これ以上経済的な貢献をしない
ことも、ご主人への誠意と考えます。>とんだ甲斐性なしですね(ごめんなさい)
低収入でも 努力や辛抱や 協力性が見られれば ともに歩んでいけると思いますが 15万しか稼がないのに5万も遊びの小遣いに使ってしまっては・・・。
実家暮らしの子供じゃなくて、世帯主(ですよね???・・・それとも奥様が世帯主?)ですから、自覚を持った行動をしてほしいですね。収入が夫より妻のほうが多い、勤労時間もおなじ(フルタイム)なら、少なくとも家事分担を50:50にするとか、家庭を築くうえで女性ばかり不利になるのはおかしいですよ。
車はローンですか・・先が思いやられますね。手放してはどうでしょうか。
この低収入が続くこと、飲みにいったり遊びに行ったりがやめられないのであれば 子供はつくれません。
遊びたい旦那さんだと、協力も得られません。収入増も期待できなかったら八方塞ですね。
ケチケチしないで・・・とはいっても、お産にも一時的にお金かかりますよね。
産んだら今度は保育料がかかってきますよね。病気をすれば夫婦どちらかが休んだりして子供をみなくてはなりませんよね。
経済的なことを考えると 遊び・飲みが 「今以下」になることを嫌がり、支出分折半を却下するような旦那さんが、子供を養育していくことに協力的になれるとは思いません。
好きで結婚した人でしょうから 後悔もあるでしょうが、「結婚後の金銭感覚の相違」を理由に 離婚も視野に入れて話し合いをもたれてはいかがですか。>うちも夫婦共働きで私(妻)の方が収入が多いです。
うちは旦那の給料は全て私に渡してもらっています。
旦那も文句1つ言いません。
生活に必要なお金と貯金を差っぴいた額を2で割ってお小遣にしています。
だいたい毎月一人3~5万円くらいです。
収入に応じて差をつけているのが貯金額です。
ボーナスは各自の口座にほぼ満額貯金です。
端数程度は臨時のお小遣にしてますが。
毎月の貯金は私の方が少し多めに口座に入れてます。
お小遣いは収入の10%が基本とよく聞きます。
ご主人のお小遣は2万円くらいが普通で、毎月5万円ってのは多すぎです。
うちの主人も当然私の収入は当てにしてますが、質問者様のご主人ほど露骨ではないです。
嫁の収入がないと夫婦2人での生活すらまともにできないことを、ご主人は男として情けなく思わないんですかね~。
うちは子供が一人いますが、子供が生まれる直前に主人が転職をしたため収入も休みも増えました。
とてもありがたいです。
正直、この先の結婚生活を真剣に考えた方がいいと思います。
結婚したら財布は1つの方が丸く収まるのは事実ですので、家計簿をつけて年間貯金額の目標を立てて夫婦2人で頑張ってください。>

-家計

© 2020 TM聴きながらセルフコントロールしてる俺