ローン

住宅ローン控除について質問です。 借入2500万、金利1.1%、35年ロー...ローン

ローンを組んで家を買うメリットとは?

ローンを組んで家を買うメリットとは?3000万ぐらいのローンを何十年もかけて組んで家を買うメリットって何ですか?賃貸に比べてどういうメリットがあるのですか?広い家がいいとか以外で、絶対的なメリットってありますか?教えてください。

〇自分の資産になるので、家賃の様にお金を捨てるわけでもない。
(建物は減価償却で価値がゆくゆくはゼロだけど土地があるし。
)〇リフォームが自由にできる。
〇住宅ローンを組むのであれば、住宅ローンに生命保険(団信)が付帯されているの で、家族がいる場合は、残した家族が負担なく家に住める。
無論、残した家族がそれを売却して現金に変えることも出来るね。
(要は家を買う=保険みたいなものです。
)〇基本、同価格帯の家賃とローンであれば、賃貸よりも設備仕様がよくなります。
〇3000万のローンの支払いにはローンの利息と、ローン金額と同額の生命保険料も入ってる。
つまり家のお金だけでなく保険代も含まれてるから、生命保険代を鑑みると、お得。
(試しに3000万の生命保険に入ると、毎月どの位かかるか試してみるといい。
)〇いざとなったら売却も出来る。

はじめまして。地震などの災害を考えると、賃貸の方が良いという考え方もあると思います。ローンを組んで建てたばかりの家が地震で倒壊、大雨で土砂に埋もれたとか流されたとか。耐震技術は進んでいますので、良いところに賃貸で移っていくのも良いと最近思っています。私には絶対的な理由は考えられませんでした。>賃貸は一生支払
(しかも更新料とかわけのわからない支出もあり)
よく60歳までの家賃とローンの支払合計とか比較で出てますが
賃貸の人は60歳になったらポックリ逝く予定なのか疑問です。
持家はローンが終われば終了
(固定資産税の支払いは続きますが賃貸も家賃に固定資産税分が入っています)
家賃=住宅ローン+固定資産税+団信保険料
が安全圏です。>いい質問ですよ。
不動産は不動産屋で買うものだと思い込んでいる人がほとんど。
不動産屋は売上をたくさん上げれば儲かるから、そういうものしか
勧めてこない。
客もそういうものしか無いのだと、思ってしまう。
現実はそうではなく中古で数百万からあり、それも売手の
利益が省いて買える方法もある。
そういうことを知らない、出来ない人は、他人の言いなりで買うしか
ないから、デメリットしかないのよ。>民間賃貸は入居者に年齢制限があります。
老人には契約更新させず出て行ってもらいます。
老人の行く先は、
自宅を買う(お金が必要)
子供の家(双方の生活に負担)
老人ホーム(お金が掛かる)
公営賃貸(長年入居待ち)
いずれかです。
いつまで生きるかわからないので家を買う人は多いです。>持ち家の絶対的なメリット。それは「土地」です。家自体は火事や天災により破損・消失するリスクがありますが、土地は残ります。建物は30年で無価値となりますが、土地の価値は残ります。
「土地を資産として残せる」これは賃貸では不可能な持ち家の絶対的なメリットです。>

ローンを抱えることは、退職の抑止力や仕事へのモチベーションアップになりますか?

ローンを抱えることは、退職の抑止力や仕事へのモチベーションアップになりますか?

家のローンを抱えたことで、夫婦共に退職の抑止力にはなってますね。
モチベーションはアップしません…。

我慢を続けることが、人生へのプラスになってますか?>

ローンを組んで家やマンションを買う理由は何ですか?

ローンを組んで家やマンションを買う理由は何ですか?借金するぐらいなら、賃貸のほうがましだと思いませんか。

あんな賃貸に金を出してるくらいなら家を買ってローン払ったほうがましだ!と思うようなアパートに出会ってしまったからです。

買わなければいけないような気がしてきました。>「ローンの支払いが終われば、家が資産になる」、「老後も賃貸しで住むところを確保するのは大変」、「結局、トータルコストで考えて、賃貸しよりもローンを組んで家を買った方がお得」等々なので、賃貸しよりもローンを組んで家を買った方がよより良い選択である、といった昭和時代の幻想に未だに取り付かれている方々が多いからではないですか。
人口も増え続け、経済も右肩あがりの昭和時代なら、上記は幻想ではなく、真実だったと思いますけど、これから先は、人口は減る一方で、経済も右肩下がりですからね。今後は空家が増える一方だから、持ち家は、固定資産税等が発生するだけで売るに売れない金くい虫の”負”動産になる確率は高くなるし、その一方で賃貸も空室率は上がる一方なので、大家側としては、空室を埋めるために家賃のディスカウント競争が起こる、多少条件が悪い人でも積極的貸し出す(最近はリスクヘッジのために家賃保証会社が爆発的に伸びてますしね)、というのが寧ろ常識になると思います。都心のかなり立地のいい場所を除けば、今後は、トータルで見て、賃貸しの方がお得だと思いますね。例外は、新築でなく格安の中古を買う(必要ならさらにリノベする)なら持ち家でもお得かもしれませんけど。
但し、時代の流れが変わったのを多くの人々が認識して、上述したようなことが常識として定着するのには一世代ぐらいの時間は必要ではないでしょうかね。今現在、ローンを組んで家を買うことができる世代は、持ち家の方がお得であることが真実だった一世代前の親世代の考え方の影響を強く受けてますから、今のところは、賃貸しよりもローンを組んで家を買った方がよより良い選択、という幻想に取り憑かれた人の方が多数派ではないかと思います。>そう思うのなら一生借家暮らしをすればよいではありませんか。あなたの人生てす。ただそれだけのこと。>>ローンを組んで家やマンションを買う理由は何ですか?
一括で買えないから。
一括で買えるほどの貯蓄を持っている人でも、団信もあるから、ある程度の貯蓄を残して、敢えてローンを組む人も多いと思います。
>借金するぐらいなら、賃貸のほうがましだと思いませんか。
思いません。
歳を取ってから、家賃を払うのは大変です。
賃貸とは違って、団信があるというのも大きな違い。
賃貸は設備が良くない事が多い。
賃貸なら、相当額の貯蓄がないと厳しいです。
うちは結婚してから家を購入するまで15年。
約2000万円ほど賃貸につぎ込んだ事になります。
最初から買える状態ではなかったし、結婚や出産に合わせて引っ越したりしたので、勿体ないというより仕方ないとは思ってます。
でも、先を思えば、購入できて良かったと思っています。
年齢が上がったり(頭金や借入額次第ですが)、下手に病気になれば、借りられない場合もありますからね。>自分の資産になるから>理由…と言うよりメリットですが例えば3千万で家を買った時と1ヶ月8万円の家賃の所に住んだ場合利子とかの計算は抜きにして35年住んだら家が3千万賃貸が3千3百60万になります。勿論修繕費も掛かりますからこんな単純では無いですがまずこれが1つのメリット2つめは年間の所得税が少し安くなる点です。それは年末調整で返ってきます。3つ目は日本では殆んど関係ないですがアメリカなどではローンを長年払い続けている方が評価ぎ高いみたいです。払い続けれるコレがアメリカ人には凄いみたいですね。まぁただ日本なんで関係ないですが(笑)>

住宅ローン事前審査について質問です。

住宅ローン事前審査について質問です。
借入5000万円で住宅ローン事前審査を出しましたが4000万円と減額の回答がきました。
妻は産休中なので収入合算で住宅ローン事前審査の申込が出来ませんでした。
我が家でも住宅ローン事前審査で5000万円通す方法がありますか?我が家のデータ自己資金4500万円借入希望額5000万円年収:580万円職業:国家公務員勤務:7年車ローン残50万円(月々15,000円)妻年収:580万円職業:国家公務員勤務:7年(現在産休中で4月復帰予定)物件データ場所:東京都世田谷区物件:新築分譲住宅8980万円よろしくお願いします。

住宅ローン事前審査の結果が減額回答になったのですね。
Yahoo!で専門家登録をして頂いているゼロシステムズの田中勲と申します。
ご質問者様の場合、ご主人様(年収580万円)の単独名義で住宅ローン事前審査を申込しても審査結果は、返済比率オーバーで減額回答となります。
しかし、ご夫妻ともに国家公務員ですので、銀行側から見ると属性が良いお客様ですから、住宅ローン事前審査を申込む金融機関の選択を誤らなければ問題なく承認を得られる案件で御座います。
まず、奥様が産休から仕事復帰しなくても、住宅ローン審査の申込み資格がある銀行に住宅ローン事前審査を申込しなければなりません。
産休中でも仕事復帰する予定であれば住宅ローン審査の申込み資格がある銀行は以下の通りです。
・みずほ銀行→ペアローン、収入合算可能。
但し、産休や育休中は、前年度の年収の90%で計算されます。
・三菱東京UFJ銀行→単独申込みも可能。
年収100%で審査して頂けます。
・中央ろうきん→単独申込み可能。
個別対応。
・りそな銀行→ペアローンに限る。
融資実行後1年以内に仕事復帰する証明が必要。
公務員又は上場会社勤務に限る・三井住友銀行→単独申込みも可能。
但し、公務員や上場企業勤務の方以外は、勤務先の産休や育休証明書が必要。
・イオン銀行→公務員に限る。
但し、ペアローンか収入合算のみで単独申込み不可。
以上のように産休中や育休中でも住宅ローン事前審査を申込できる銀行は結構ございます。
逆に、フラット35、新生銀行、東京スター銀行、三菱UFJ信託銀行は、産休中では不可です。
ご質問者様の場合、産休中の奥様と収入合算又はペアローンで住宅ローン事前審査を申込すれば、十分な収入になりますので既存借入(オートローン)を完済しなくでも承認を得られるはずです。
住宅ローン審査を通すコツなどについては、ここでは詳しく解説しきれませんので以下をご参照ください。
www.limited30.com/juutakulorn1.html例えば、借入5000万円を夫婦半々で2500万円ずつペアローンでみずほ銀行に住宅ローン事前審査を申込した場合住宅ローン事前審査では、実行金利(例:変動金利0.775%)で返済比率を計算しません。
将来の金利上昇を見越した審査金利というものがあり、この審査金利も各銀行により異なります。
みずほ銀行の審査金利は、4%です。
・ご主人年収580万円ペアローン借入2500万円既存借入返済額15,000円借入期間35年審査金利4%以上の条件で返済比率を計算しますと→返済比率26.01%・奥様年収580万円×90%=522万円ペアローン借入2500万円借入期間35年審査金利4%以上の条件で返済比率を計算しますと→返済比率25.45%みずほ銀行の住宅ローン審査では、年収400万円未満の方は、返済比率上限35%未満。
年収400万円以上の方は、返済比率上限40%未満ですので、ご夫妻ともに返済比率25%~26%ですので承認を得られるはずです。
ちなみに、ご主人様(年収580万円)の単独名義、借入5000万円、既存借入をそのまま、審査金利4%で返済比率を計算しますと、返済比率48.91%となります。
減額回答4000万円とのことでしたが、借入4000万円の返済比率は、39.75%ですので、銀行側としても限界値を提示したのだと思います。
住宅ローン審査は、返済比率、勤続年数、年収、既存借入、個人信用情報など、さまざまなことを審査されます。
住宅ローン審査を通すこつなどについては、以下で詳しく解説していますので是非ご参照ください。
www.limited30.com/juutakulorn1.htmlご参考になりましたでしょうか?

奥様が復帰してからであれば問題なく通ると思います。現状の産休のままでも他の金融機関に申し込めば通るところも多いと思います。>地銀のローンセンターに勤務する現役です。私の勤務する銀行なら奥さまと連帯債務で普通に借入できます。地銀は公務員さん大好きですから。また、今回地銀に申込をしたのに減額の場合は、旧第二地銀ではありませんか?自社保証会社をもつ地銀ならOKですよ。今の銀行で審査を通したいのであれば、車のローンの完済は絶対ですね。時間があれば、奥様の復帰を待って給料明細を添付して再度申込をしましょう>住宅ローンの年間返済額は夫婦合算収入の3割が上限ですが、金融機関によっては、2.5割程度にしているところもあるようです。580万ですと年間返済額は3割で174万円なので、5000万円を30年元利均等で220万円でややオーバーです。しかも変動金利がずっと低位安定した場合です。夫婦2人で1000万円を超える収入があれば250円になり、大丈夫ですね。固定資産税も50万円程度になりますよね。金利が上昇するケースも考慮し、少し慎重になった方が良いかもしれません。どうしても欲しい場合、1. 車のローン返済、カードローン口座のクローズ2. 他の金融機関に奥様の事情を話し、働き始める時期等を強調する。3. 最長期間の借り入れにする。4. 金融機関からは4000万円借り入れ、のこりを親から借りる、または贈与を受ける。5. 奥様に職場復帰をもう少し早めてもらう。無理をなさらずに、ゆっくり検討してください。お金のことを学び得するsimulizer.com>都市銀行さんに審査を申し込まれたのでしょうか?
公務員さんで、自己資金比率が50%近い案件であるにも係わらず、5000万円が4000万円に減額された理由は返済比率の問題ではないかと思いますが、その通りでしょうか?
都市銀行などは変動金利の申込であっても実行金利ではなく返済比率を10年固定の金利で審査をしていたり、各行の判断基準で年収の5~7倍などと貸出可能額を計算しています。その結果、4000万円に減額になったのだと思われます。(返済期間を35年と仮定しています。)
そもそも借入金額が高額なので、ほかにもさまざまな要素が微妙にからんでくることは予想されますが、上記の理由であれば返済比率を実行金利で計算するフラット35や地方銀行・信金クラスで同じく返済比率を実行金利で審査してくれる金融機関を探して(簡単に見つかると思います)申し込めば大丈夫だと思います。>

ローンっていくつでも組めますか?

ローンっていくつでも組めますか?内容は医療費なのですが、今西京カードさんで組んでいるものが二つあります。
またローンを組みたいといった場合、審査は通るんでしょうか?

消費者金融のカードローンは総量規制が有りますので年収の3分の1までですが、その他は金融機関が審査をした結果返済可能だと判断すれば幾らでもローンは組めます。
ですから組めるか組めないかは貴方の年収、勤続年数、雇用形態、居住年数、信用情報を審査して金融機関が決めます。

借り入れは貴方の年収の3分の1までです。
銀行ローンなどは3分の1と言う規制から外れていますが、
いくつでも組めるということはありません。
今組んでるローンがいくらかわかりませんが、通るかは金融会社の判断です。>

カードローンについて教えてください。

カードローンについて教えてください。
みずほ銀行でカードローンを組むか悩んでいます。
ただ無知なため仕組みが全くわかりません。
カードローンというのは、例えば15万必要な場合、ATMで15万おろすのが可能ということですか?そうだとした場合、返済金額はいつ、どれくらいの金額がどれくらいの金利がプラスされて引き落とされるのでしょうか?何も知らず恥ずかしいですが、ぜひ教えていただけたらと思います。
宜しくお願いします。

まず、カードローンには極度額というのがあります。
例えば50万や100万などです。
それは申込時に本人が希望できます。
しかし、信用状態や年収により減額されることもあります。
審査が通るとその極度額の範囲内であれば、何回でも借りることができます。
返済方法は、まず約定返済というのがあり、極度額により変わります。
これは毎月1万や2万と言った返済となり、その金額に現金返済部分と利息額が含まれます。
これは完済まできちんと決められた日に返済しないと延滞となります。
また、任意返済というものもあり、これは先の約定返済以上に返済したい場合、ATMやネットバンクを使って任意に返済できます。
これをうまく使うと、早く完済できます。
金利は、極度額によって変わるケースが多くなっています。
よく広告等で、金利3%~12%とかなっていますが、50万や100万の極度の場合、10%以上に金利となるケースが殆どなので注意が必要です。

その金額に現金返済部分と利息額が含まれます。
×現金⇒◯元金>僕も全く無知だったので昔、色々調べました!
ちなみに僕は、みずほ銀行では借入を行なったことはないので質問者様の力になれるかわかりませんが、下記サイトならカードローンについて分かりやすく詳細が載ってたので参考になればと思います!
okane-kyosyujo.com/70.html
その他金融会社の内容も載っていたので、比べてみるのもありかもしれませんね(^^)>仕組みが分からないまま、借金は辞めた方がよいですよ。>

住宅ローンのことについて知恵を貸してください?

住宅ローンのことについて知恵を貸してください?恥ずかしながら無知で難しいことはわかりませんがアドバイスを頂けたらと思います。
今現在2社から住宅ローンの借り入れをしています。
フラット(35年固定)とUFJです。
事情があり急遽の住宅購入だったため諸費用を用意することが出来ずローンに組み込んだのですが、フラットから諸費用込みでは難しいと言われたので、UFJから500万だけ借りる形になりました。
この度フラットの金利がかなり下がるとのことだったので、借り換えをすることにしました。
その際、諸費用を組み込んでも大丈夫とのことだったので組み込んで借り換えをすることにしました。
手続きが進むなかでフラットから、抵当権の入れ替えをUFJに頼んでほしいと言われました。
一番はフラット、二番目はUFJだったのですが、「借り換えに伴い一度フラットを抜いてしまうと二番目になってしまう。
一番じゃないといけないのでUFJでの手続きをお願いします」と。
元々二番目なので問題ないとの話だったのですが、先日手続きに行き今日UFJから電話が来て、「フラットが諸費用込みの借り入れだと抵当権の入れ替えはできない」と断られました。
元々二番目なのになぜ断られたのかわかりません。
もちろん、諸費用を現金で払ってしまえば済む話だとわかっていますが、今はそれより断られた意味がわからずイライラしてしまいます。
子供たちにお金がかかる時期で、諸費用が組み込めるのであれば組み込みたいのが現状です。
何か方法はないのでしょうか?ちなみに残りのローン年数は27年。
UFJの残高は約470万です。
どなたかスッキリ出来るアドバイス、方法を教えて下さい?よろしくお願い致します?

naruh0d0sanの言うことは気にしない方がいいですよ。
住宅ローンの事なんてそんなに理解せずに借りている人が殆どですから。
大体そんなにヒマじゃないですからね。
ましてや債務者本人ではなく、その奥さんなんですから。
UFJを正確に書けとか、どうでもいいことにどうしてそんなに上から目線の物言いができるのか不思議ですよ。
そのくせ、大した回答もできてないし(笑)じゃあ、UFJを三菱東京UFJと決めつけた根拠は?と言いたいですね。
三菱UFJ信託だってある訳ですから。
まさに自己マンの極みですね。
UFJでダメだと言われた理由は、単純なことです。
諸費用込で借換をすることにより、フラットの残高が増えてしまうからです。
第一順位のフラットの残高が増えるということは、いざと言う時、第二順位である自分たちの取り分が少なくなってしまう可能性があるからです。
ただ、これはUFJとすれば至極当然の判断とも言えますが、質問者様の立場からすれば、これくらいのことで・・・と思うのは当然ですよね。
フラットも、可能性があると思ったからこそUFJに相談するように言ったわけですから。
ただ結論が出てしまった事をあれこれ言っても始まりません。
大勢に影響はないと言えども、例え1円でも回収不能とならぬよう万全を期すというのが銀行の基本的なスタンスなのです。
解決策は、基本的には諸費用を自己負担するしかないのですが、場合によっては以下の方法を検討してみてはいかがでしょうか。
もちろん必ずメリットが出るとか、実行できるというものではありません。
①フラットを別の金融機関で借り換える②団信を民間の生命保険に代える③UFJも含めて別の銀行のローンで借り換える①は銀行によって金利を安くして手数料を高くしているところ、反対に金利を高めにする代わり手数料を安くしているところ、色々あります。
今のところがどういう設定になっているか分かりませんが、安いところでは3万円程度で借り入れできるので、金利さえ納得できればいいかもしれません。
②フラットの団信保険料は年払いかつ年々逓減して行きますよね。
ですから最初の支払は結構高額になります。
年齢が若ければ、団信を民間の収入保障保険にすることで大幅に安くすることが可能です。
しかも支払額は一定かつ支払方法も”毎月”を選べるので、最初に大金を払う必要もありません。
③についてはちょっと難しいかもしれませんが、UFJが純粋な住宅関連資金としての借入であれば、これを含めて借換できる銀行があるかも知れません。
低金利の全期間固定を扱っている銀行もありますので、現在の金利との比較にもよりますが、いくつか当たってみるのもいいかもしれません。
以上、これと言った解決策が提示できず恐縮ですが、少しでも費用を減らす観点から少なくとも②は検討されるといいと思いますが。

ご丁寧にありがとうございます。大変詳しく色々なアドバイスを頂き有り難いです?ほんの少し増えただけでも銀行側としてはシビアに捉えなければいけないんですね。(ほんの少しと言うなら最初から諸費用を払えば良いのですが…)今回のフラットの借り換えはかなり大きな額が浮くことになるので、諸費用を払うことにしました。今、お返事待ちの状態です。団信については、大変納得をしました。ちょうど、他に代わりになるものがないかと話していたところです?生命保険では、こう言ったらなんですが、病死の場合はキツくなってしまうし、収入保障保険を詳しく調べようと思います。的確なアドバイスをありがとうございました。>これは難しいですね、、UFJからすれば何のメリットも無いのに、わざわざ抵当権の変更をする手間を掛けるのか、、一方、フラットからすれば、一時的にせよ抵当権を下げるってのはありえないと、、解決策は諸費用を払ってしまうってことしかないような気がします。。>三菱東京UFJ銀行さんの言い分は正しいですね。
(というか、こういう質問をするときには正しい金融機関名を書くのが常識です)
そもそも、住宅ローンを借りていて「無知」なんて絶対にあり得ません。
そんなことを書くなんて、自分は社会常識がないので、何も知らないのに数千万円も借りました、常識ないでしょう!っと宣言しているものですよ。
恥ずかしくないですか。(普通の人は恥ずかしくてこんなこと書けないですよ)
単純にフラットの金利引き下げのための借換えであれば、ローンの同一性と認められるので仕方ないとして銀行も認めるでしょう。
先順位の残高も変わらないのであれば、自分たちの保全には影響しません。
でも、諸費用が組み込まれれば、前のローンとは全く別物のローンです。
三菱東京UFJからすれば、全く別物のローンで、しかも、先順位の残高が増加するんですあら、自分たちの保全にも影響します。
そんな順位変更を認めるわけありません。
順位は登記した順番なんです。それを後順位に順位変更することは、大変なことなんですよ。>借り換えなんだからUFJのもまとめて借り換えて一本化したらどうですか?
それは出来ないのですか?>

ローン返済中の住宅売却について相談です

ローン返済中の住宅売却について相談です長文です よろしくお願いいたします。
現在 住宅ローン返済中です。
完済までにあと12年ありますが三年後に主人が定年となり退職金で完済予定にしていました。
中古で購入しましたので現在築27年となり修繕が必要です。
三年後には二人の息子も自立するとの事で現在の住宅では夫婦二人では広いため私としては売却してマンションかもう少し小さめの住宅に住み替えを考えています。
それと、何年か前に主人が作った借金の返済もしておりその返済もあるので、いまの家を売却しないと借金の返済も難しいのです。
不動産会社に今の家を査定依頼したところ 土地開発もすすみ 駅から徒歩10分の条件もかさなり 買った時よりも高く売却できる事がわかりました。
ただ住宅ローンがまだ残ってるので売却する事ができるのかと主人が売りたくない気持ちでいる事で 悩んでいます。
私としては借金をなくしてしまいたい気持ちがなによりなのですが、主人はもう少し値段が上がる事を期待しているようです。
消費税が上がる前に 売却して借金を完済して住み替えの住宅も決めたいと思うのはあせりすぎでしょうか?ちなみに住宅ローンの銀行残高は現在1700万くらいカードローンと信託銀行ローンが600万くらいです。
家の現在の査定価格が約3500万くらいにはなるそうです。
あとカードローンは主人がギャンブルで借りた分、信託銀行のローンは投資マンションを購入したときの借金です。
投資マンションの方は主人が私に内緒で購入したもので 首都圏にありそれも定年の時に売却しようと思っています。
そちらも主人はもっていたいみたいなのですが、私としては処分したいと思っています。
今住んでいる住宅を3500万くらいで売却できれば マンションか郊外でこじんまりした住宅の資金の頭金にはなりますし 3年後に退職金と積立金がはいればローンなしで住み替えできると思われます。
ギャンブルでカードローンをした主人は多分住宅ローンの審査に通らないと思います。
息子達にはたよらないで住み替えをしたいと思っているので 売却をあせっているのかもしれませんが・・・ 高く売却できる今か もうすこし様子をみた方がよいか悩んでいます。
また投資マンションの方も私はよくわからないのもあるんですが、どこかで儲かるわけがないと先入観しかなく 不安です。
主人と私の収入は手取りで二人あわせて一ヶ月約50万くらいです。
(主人が定年までは)私も正社員です。

定年まで数年で住宅ローンと他のローンがあるのは気分的に嫌ですね。
ましてや、今のご自宅売却でチャラになる他住み替えができるのでお気持ちは察します。
ご売却自体は査定もされてますしよろしいかと思います。
査定価格はある一定期間で売れるであろう金額ですから。
おすすめは、2、3社から査定書を頂くのがベストです。
なお、住宅ローン返済中のご売却は一般的ですのでご安心下さい。
また、購入については、購入先を限定されてない事から、柔軟に対応できるのでよろしいかと思います。
やはり気がかりはご主人様の売却に対するお考えですね。
この件は不動産屋でも説得は難しいです。
また、理屈でも恐らく無理でしょうね。
一つ言えることは、奥様しか説得出来ないという事です。
奥様が今回この様にお考えになったいきさつを思い起こしてください。
はじめに、買い替え先についてお考えになったと勝手ながら思いました。
その過程で、ローンの返済にいきつき査定までされた。
ご主人様にも同じように考えて頂くことが良いかと思います。
まず、借金どうしよう。
あなたギャンブルしたんてすよね。
…と気の乗らないはなしは控えましょう。
定年したら、○○に住みたくない。
星の見える郊外は?朝日を浴びてコーヒーをいただきたいわ。
などの会話から、ご主人が乗ってくるのを待つしかないですね。
ローンどうする?はご主人に言わせてください。
ここがポイントかと思います。
私の勘違いや憶測が入ってるので参考にして下さい。

丁重なご回答ありがとうございました。
回答者様のおっしゃるとうり主人の気持ち次第です。
両親の援助なく二人で手にいれた家なので私の気持ちだけでは押しとうせません。私の気持ちをもっと素直に伝えたいと思います。
査定も違う業者にも依頼してみようと思います。
ギャンブルの借り入れがあるので誰にも相談できずにいました。
できる事なら私も今の場所にいたいのはやまやまなのですが
まずは借金の事を主人に自覚してもらいたいと思います。>不動産会社に勤める者です。
私は早くに売ってしまった方が良いと思います。確かに今は駅近物件の相場は上がってきています。しかし、いつまでも上がり続けるかなんて分かりません。どちらかといえば、今上がっているのであれば今後は下がる可能性、大いにあります。
また、ご年齢やカードローンが残っていること等を考えると、歳をとればとるほど買い替えはしんどくなると思います。まずカードローンがあると買い替え時の住宅ローンの審査は非常に厳しくなります。借りれなくなる可能性もあります。
査定をされたとのことですが、1社だけでしょうか?不動産の査定というものは査定をする不動産会社によって結構差が出ます。2社、3社と是非査定依頼してみてください。もっと高くで売ってくれそうな自信があって信頼できる業者、担当者が現れるかもしれません。ちなみに今は「不動産一括査定サイト」というサイトがありますのでネットで複数社に査定依頼することもできます。一度、ご利用されてみてはいかがですか。
baikyakuhudousan.seesaa.net/>あくまでも査定なんで、築27年を3500万で買うバカが現れるかどうかですね。解体してもおかしくない築年数ですよ!徒歩10分て近いようで遠いですから好条件でもないです。 不動産屋が良く使う手口で高く査定して、まずは売る気にさせて、実際はそんな値段では売れず売値をドンドン下げるパターンで、売主も引っ込みつかず自分が思い描いてた価格の半値以下ぐらいになるでしょう。>

住宅ローン控除について教えて下さい。

住宅ローン控除について教えて下さい。
家を建てて今年で8年目になります。
今更疑問に思ったのですが、毎年のローン残高が2500万以上あるのですが、年末調整を見ると還付金は毎年12万です。
源泉徴収表の所得税の欄はまだ6万位あるのですが、なぜ12万なのでしょうか?無知ですみません。

ローン残高がいくらあろうが関係ないです。
会社側はその数字を使うわけでは無いですから。
質問者が年末調整のために会社へ提出する書類が、12万円の還付にしかならない数字で記入してるからでしょう。
これでしょうね。
www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

住宅ローン控除について質問です。

住宅ローン控除について質問です。
借入2500万、金利1.1%、35年ローン、ボーナス払いなしで住宅ローンを組むことになりました。
繰り上げ返済をするつもりで張り切っていたのですが、金利が低いので10年間の住宅ローン控除を受けてからまとめて繰上げ返済した方がいいのかな?と思うようになりました。
実際どちらがお得ですか?あまり変わらないですかね?(^^;)ちなみに、自己資金を出したあとも余力は残るようにしています。

日本では法律で定められているんですが、住宅ローンも、消費者金融も、その他の貸金も、『実質年利』で表示しないとならないのです。
一般の人だと、年率1.1%で2500万円を借りた場合、当初1年間の金利は…27.5万円だと思いがちですが、実際は違います。
(私の経験値的感覚ですが、実際はおそらく24万数千円程度と思います。
)なぜ27.5万円にならないのに年率1.1%なのかというと、仮に平成24年1月からローンの支払いを始めた場合、約1年後の24年12月の残高は、もう12回分の支払いが終わっているので、些少なりとも残高は2500万円を割っています。
(たとえば、12月現在は2495万円とか。
)すると、借入時の24年1月の支払いだけは、2500万円×年率1.1%÷12の利息を払わねばなりませんが、12月に支払う利息は2495万円×年率1.1%÷12となるので、実際に支払う利息は2500万円×年率1.1%よりも少なくなるのです。
(実際に1年間に払う利息と、元金との割合で表示する利率を【アドオン利率】(=例示が正しいと年利1%未満となる)といい、この表示の方が計算がある意味し易いが、不利な方向に誤認する恐れが高いので、単独表示は法律で禁止されている)ところが、住宅取得促進税制の残高1%還付は、もろにローン残高の1%。
すると、年率1.1%はアドオンで1%以下なので、1年間に住宅ローンに払う金利の総額より、税の還付額の方が大きいことも起こり得る。
結論。
あなたは、この先10年間、住宅取得促進税制を適用しないとした場合の所得税が、毎年約25万円以上となる所得を得られるでしょうか?YESなら、ローン控除を最後まで利用し、そこまで貯蓄した資金で繰り上げ返済するのが有利。
この先10年間、住宅取得促進税制を適用しないとした場合の所得税が、毎年約10万円程度であるなら、積極的に繰り上げ返済するのが有利になると解します。

1.1が続くのであれば、繰り上げ返済しないでいいのではないでしょうか?しかし、金利が上がるようであれば(変動金利のばあい)直ぐに繰り上げ返済するのをお勧めします。>返済表を見れば支払い額に対する金利分はわかるはずですし
ローン控除? ローン減税による還付分はローン残高とあなたの支払ってる所得税次第で決まります。
基本的には10年後にまとめたほうが得になることはありませんが
お支払いの所得税次第では1.1%の金利は事実上無視できるほどの小さな額に収まります。
例えば 2500万 35年 元利均等払いの場合
初年度利息支払い分は \272,000 程度
ローン開始時期で異なりますが 年末残高を \24,500,000 と仮定すると
還付額は \245,000 ただし所得税をこれ以上払っていれば…
事実上あなたの支払う金利は 年に3万以下です。
このバランスが10年続きます。
10年貯めて一気に返すというのはモチベーションも保てますし、心の余裕にも繋がり
目的を果たせる確率が高いですが、手持ちがあるとき繰上げは計画倒れになる率が高いです。
とはいえあなたの性格次第なので、自分にとって良い方式を選んで下さい。>住宅ローン控除はあなたが払った1.1%の利息のうち、1%だけ税額控除って形で戻ってきます。
従って、0.1%は払うので結局は損なんですよね。
ただ、余剰資金を財テクで稼げるならそっちが得ですよ。>

-ローン

© 2020 TM聴きながらセルフコントロールしてる俺