ローン

住宅ローンの団体信用生命保険について。 離婚したので家をローン残額...ローン

住宅ローンについて相談のってください

住宅ローンについて相談のってください先日筑波銀行にて事前審査受け通過ましたが担当者の聞き間違いでおかしなことになりしたお願いした内容はペアローン(私+妻が個別に債務者になる)団信+三大疾病+5大疾病(両名同条件加入)負担割合50/50%住宅ローン控除もお互い受けられるようにと後電話きて「事前審査通過しましたが私の勘違いでペアローンは当行は行っていませんでした申し訳ありません」と…連帯債務にてどうですかとあり団信+三大疾病+5大疾病(両名同条件加入)負担割合50/50%住宅ローンもお互い受けられると説明されました普通なら信用して終わりですがペアローンや連帯債務の違いを説明お願いした時インターネット開きながらそれで答えてるので不安でなりませんこれだけみれば名前だけ違うだけで条件一緒と思いますがそもそも連帯債務で団信は片方しか入れないと認識ありますこれを踏まえてペアローン→連帯債務にした場合何か注意すべきことありますか?

ペアローンはそれぞれが住宅ローンを組むので2つの住宅ローンとなり、手数料や金銭消費貸借契約が2つになります。
団体信用生命保険もそれぞれ入る形で、片方が無くなれば、その片方の住宅ローンが免責されます。
住宅ローン控除も、それぞれ受けれます。
あと、やり方を間違うと贈与税がかかる事もあります。
連帯債務は住宅ローンは1つで収入合算で購入になり主たる債務者(名義人)の所有となり、住宅ローン控除も名義人だけが受けれます。
団体信用生命保険も名義人だけなので、名義人が亡くなれば住宅ローンは免責されますが、名義人出ない方が亡くなっても免責になりません。
簡単に書くとペアローン住宅ローン2つ連帯債務住宅ローン1つこの違いは結構、返済計画に関わると思います

ローン=負債ですしょうか?

ローン=負債ですしょうか?

無目的ローンは問答無用ですが、そうでなくても負債には違いありません。
後は利用者の使い方次第ですね。

借りる側から見れば「負債(債務)」
貸す側から見れば「資産(債権)」>ローンは負債以外の何モノでもないです。>そのとおりです。また、借金と表現されます。>そのように考えられます。
完済するまで返済して行金ければなりませんからね。>

住宅ローンの繰り上げ返済について。

住宅ローンの繰り上げ返済について。
2016年1月に2200万借入をしました。
固定金利1.28%で20年ローン元利均等返済です。
現在、ローン返済に充てるお金が900万あり、来年1月に繰上げ返済するか考えています。
10年間、住宅ローン控除を受けるか、来年900万繰上げ返済するかどちらが賢い選択でしょうか?よろしくお願いします。

ローン控除は元金の約1%で、金利とほぼ同じですが、5年目ぐらいから0.5%になるので、金利の方が多くなります。
しかし、返済資金を使うと、纏まったお金が必要な時などに困ります。
半分位返済が無難と思いますよ。
金額だけなら繰り上げ返済がお得です。

ありがとうございます。>今税金控除をうけている状態ですね。
でも控除は1%。金利は1%以上。つまり、差額の0.28%を支払っている状態です
年明けまで繰り上げ返済を待つ理由があるのでしょうか
差額金利以上で運用しているとか、満期を待っているとかです。
ないのであれば、来年1月まで待たずにすぐに繰り上げ返済に回します
但し、先の方も記載されていますが、今後7-8年の間に(繰り上げ返済で短縮される返済期間)大金が必要になることがわかっていて、準備できずに借り入れしなければいけない状態ならば、その分だけ残して繰り上げ返済に。
有っても、手持ち金で必要な期間までに準備可能ならば、全額繰上げ返済に回します・>

住宅ローンとフリーローン

住宅ローンとフリーローン旦那(33)年収420~ 先日住宅ローン2400万組みました。
しかし、義母、義父と訳あって200万必要になりました。
フリーローンで200万借りようと思うのですが、住宅ローンを組んでしまったので借りられるか心配です。
どこの会社でしたらこの条件でも組めそうですか?よろしくお願いしますm(_ _)m

銀行ローンで、目的がないローンは年収の約半分までですので、もうすでに住宅ローンがあるので200万は無理かと。
420万/2=210万。
ここから住宅ローンの年返済額を差し引いた残額が、融資可能額となります。

住宅ローンの場合決済前で他に借金すると住宅ローンダメになりますよ。それ以上の借り入れはやめましょう!>総量規制対象外なら銀行ローンになります。他の金融業者(銀行以外)なら貸してくれたとしても最大年収の1/3までとなります。>

ローン ブラックリスト 等について。

ローン ブラックリスト 等について。
私は22歳です。
過去、高校を卒業し車を購入しようとおもい、ローンに通りませんでした。
(60万円程)その頃は勤務年数も2ヶ月等そういう部分で通らなかったのかなと思い諦めてました。
その頃、クレジットカードを作ろうと思い楽○カードをネットで作ろうとしたが審査が通らず作れなく2年後、会社も変わり年収も大幅アップし勤務年数は10ヶ月ぐらいの時また車を購入しようとおもいローンに挑戦しましたがまたもや審査に通らず(150万)結局、彼女名義で通しました。
(現在の嫁)17歳の時ウィルコムを契約しそれを少し支払いが遅れたりとはっきりとは覚えませんが、色々あり、結局、3年前の20歳に解約しました。
3週間前に楽○カードを作ろうと思いましたがまたもや審査に通らず。
ググってましたら、全国銀行個人信用情報センターにて本人開示をするべきとあったので、書類を送り、結果が帰ってきました。
すると、なにもなく、全て0でした。
これから先、マイホームも購入したいし、家族もいるのでローンとかが通らないと話にならないです。
やはり、ウィルコムが引っかかっているのか?調べる方法等教えていただきたいです。
もう1つ、引っかかる部分は父が昔、自己破産寸前だったと聞いており今もいくらかはわかりませんが借金があるようです。
普通の会社員です。
そういうのも関係あるのか?よろしくお願いします。
補足2年前に結婚式の為に組んだローンは通りました。
しかし、金利は7.6%ありえない金利でした。
ですが仕方なく借りており現在も返済が遅れる事なく返しております。

以前、勤続6ヶ月。
契約社員で120万円のカーローンが通りました。
(契約時の推定年収320万円)その時のポイント知り合いのディーラーで購入購入以前、同一ディーラーで1台40万円の中古車を一括で購入履歴ありディーラーの提携ローン会社はオ〇コディーラーと提携ローン会社は起業以来の提携年月があるディーラーの社長が直接、ローン会社に交渉してくれたローン以外に、契約社員となる以前に起業に失敗。
ローン時に他会社から約500万円の借金あり。
(返済の遅延等、あり)契約社員となった企業は大手の製薬会社以下参照まとめローンに通過するには、各ローン会社が定めるいくつかのポイントがあります。
最大の重視は、やはり“回収できるか否か”です。
信用情報は実はクリーンすぎるのも良くなく、いくつかの取引履歴があった方が良いケースもあります。
特に、キャッシング、ローンなどの借り入れ→完済の履歴があると、好ポイントとなるケースが多いようです。
(※あくまで、ご利用は計画的に)また、勤務先の情報もポイントです。
同一の勤務先の方々が、自分と同じローン会社を利用する際、他の方々の返済状況や、完済状況も通過に影響するケースがあるようです。

クレジットカードの場合、一回通らないと、その後また同じ会社か系列会社dr申し込んでも、当時の記録を見て、
「何かあって、通らなかったのではないか。念のためやめておこう。」
という審査となります。
住宅ローンの場合、
「頭金いくら払うか」
「担保価値がいくらか」
「どのような勤め先で、定期収入がいくらか」
「連帯保証人は誰か」
を見るので、ローンの性質が違います。>勤続年数と信用情報がないのがネックですね。
ケータイの割賦などで信用情報を作ってはいかがでしょうか。>

住宅ローン事前審査をオープンハウスの不動産屋が勝手に申込みされたみたいです。

住宅ローン事前審査をオープンハウスの不動産屋が勝手に申込みされたみたいです。
さっき不動産屋の営業マンから「お客様の住宅ローン事前審査は通りましたから、ぜひ明日もう一度現地にご来場下さい」と電話がありました。
先週、新築のオープンハウスを見学してアンケート用紙を書いたら、それを見てオープンハウスの営業マンが住宅ローン事前審査を勝手に書いて出したみたいです。
こんな事ってあるんでしょうか?私も主人も銀行書類を書いた記憶はありません。
オープンハウスでアンケート書くと自動的に住宅ローン事前審査を出すようになってる?銀行に住宅ローン事前審査を出す以外に簡易的な審査があるのでしょうか?意味解りません。

住宅ローン事前審査を不動産会社が勝手に申込する事は、通常ありません。
Yahooで専門家登録されているゼロシステムズの田中と申します。
私は、過去20年間で新築住宅や中古住宅を1000件以上契約して参りました。
その経験からアドバイスさせて頂きます。
まず、一般的な銀行の住宅ローン事前審査申込に必要な書類は、以下の通りです。
1.前年度の所得が判るもの(源泉徴収票や確定申告書)2.健康保険証のコピー3.身分証明書(運転免許証など)のコピーこれら3点を住宅ローン事前審査申込書に加えて提出する必要があります。
住宅ローン事前審査を通すコツなどに関する解説は以下をご参照下さい。
www.bukken-chousa.com/juutakulorn1.htmlもし、本当にオープンハウス業者が住宅ローン事前審査を勝手に提出したのであれば、以上の3点を偽造した可能性があります。
しかし、偽造するということは、とても考え難いことだと思います。
恐らく、オープンハウスの不動産業者の営業マンが、銀行の担当者側にお客様の個人情報(年収、勤務会社名、勤続年数など)を銀行側に勝手に開示(勝手に相談)して口頭レベルで大丈夫と言われた(承認された?)というものかと推測できます。
いずれにしても、オープンハウスなどの現地に見学へ行くと、営業マンから「アンケートを書いて下さい」と言われますが、アンケートに記入した名前、連絡先、勤続年数、年収、等々の個人情報の取扱いについて安易に考えている営業マンも少なくありません。
個人情報を重要視している大手不動産会社であっても、オープンハウスの空家に記入済みのお客様のアンケート用紙を放置したままにしている場面を過去に何度も見たことが御座います。
不動産会社の営業マンの考え方やミスで、ご質問者様のように予想外の個人情報流出に繋がりますので、オープンハウスや現地販売会では、アンケートを含めて名前や連絡先などの個人情報は開示は極力避けるべきだと思います。
(不動産会社の社長の私が言うのもなんですが・・・)もし、営業マンから「アンケートを書いて下さい」と言われたら、「冷やかしでは、ありませんが名前や連絡先は、出来る限り開示しないようにしていますのでご容赦ください」と丁寧にキッパリ断ることで、一般的に営業マンもそれ以上突っ込んできません。
それでも、しつこく聞いてくる営業マンは、それこそ要注営業マンかもしれませんのでご注意ください。
住宅ローンの事前審査を提出する際には、信頼できる会社に依頼する又はご自身で直接金融機関の相談する事をお奨め致します。
お役に立てましたでしょうか?

ありがとうございます。
田中さんがおっしゃる通り、銀行に私の会社名と年収とかを勝手に言って相談したみたいです。
もうオープンハウスの営業マンとは関わらないようにします。
現地でアンケート記入した私たちが軽率でした。>もしそれが本当なら大問題。犯罪レベルです。
まぁ嘘でしょうね。「この人なら間違いなく通る」と勝手に判断しただけでしょ。>余りにも、緊張感が無さすぎる営業マンですね。
その様な事はふつうは無い事ですよ。
それが事実であれば、おおごとにしても良いのでは?
同じ事が出来ない様に。恐らく、それで美味しい思いを
しているから、その様な事をしているのではないでしょうか?
それが、個人の判断か、組織の判断か、会社の判断かは分かりませんが。
でも、拘わらない方が良い事は間違いないと思いますね。
宅建協会または所属する都道府県の宅建指導課に通報ですね。
www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/1_6_bf_000019.html
その後、罰則を受けて頂いてはどうですか?>その様な内容で事前審査を受ける銀行はありません。
私文書偽造・宅建業法違反・個人情報保護法を無視してますね。
今はどの銀行でも「コンプライアンス」について慎重です。
そもそも、そういう営業手法を行っている不動産業者並びに従業員
がいることが不動産業界の信用低下につながっていると思います。
その従業員が、勝手に銀行の事前審査書類を書いたとすると問題です。
どの銀行にいくらで出して、どういった回答なのかが気になりますが
ブラフという可能性もあります。あまり関わらない方が良いでしょう。
所詮、現地販売でお客様を拾うアコギな会社って判断で良いかと思われます。>

住宅ローンの金融機関の選び方、かしこい返済法について、教えてください。

住宅ローンの金融機関の選び方、かしこい返済法について、教えてください。
現在、住宅ローンの仮審査を受けているところです。
私たち夫婦なりに、住宅ローンについて、調べているつもりですが、まだまだ十分に理解できていない状況です。
夫婦共働きで返済していく予定です。
ローン契約をするにあたって、これからローンをしようとしている私達に、アドバイスや、経験談を教えていただけませんか?よろしくお願い致します。

住宅ローンの仮審査を受けておられるということですが、ローンの金利は金融機関や形態(変動か、固定か)のよっても随分違いますので不動産屋さんにお任せにせずに、ご自分で返済に有利な金融機関を探すことをおすすめします。
個人的な考えですが、日本の財政状況や政府の経済政策を考えると、固定で選ばれた方が良いかと思います。
35年で組むなら、フラット35がおすすめです。
(団信が別会計になるので、金利+0.3%程度の返済が必要になります)変動は、今は1%を割る低金利ですが、返済全期間に渡って金利上昇リスクを抱え込むことになりますので、頭金を多めに入れるか、金利上昇が現実になった時に、大幅に繰り上げ返済できるだけのキャッシュを準備しておく必要があります。
共働き・・・奥様を共同債務者にしての返済ということになると、これからのライフプランに合った綿密な計画が必要になります。
例えば、奥様が妊娠して、一時的にしろ仕事を離れるということになると、返済をご主人ひとりで賄っていかなければなりません。
金融機関は(特に新規で借り入れをされる方には)かなり無茶な融資計画でも通してしまうことがありますので、審査が通ったから返済できるとは決して思わないで下さい。
基本的にはご主人ひとりの収入で無理なく返済できる額(収入の30%未満)でのローンが無難です。
その上で、奥様の収入は、繰り上げ返済に当てるという感じにするのが良いのではないでしょうか。

下の回答で「プロ」という言葉が出てきているが
そもそも銀行員はローンのプロなのか?
家を新築するにあたり、幾つかの金融機関で相談したが
こちらの属性を知ると「◯千万円までお貸しできますよ!」と
こちらの返済がキツくなるような金額を平気で口にするアホな行員ばかりだった。
ローン破綻者が多いのは、そもそも銀行が無謀なローンを許容しているからに他ならない。
そういう意味ではローンプラザのエセプロフェッショナルの意見は全く当てにならん。
にいる自称プロも、窓口では無謀なローンを組ませているにちがいない。
大事なことは月の収入のうちいくら返済に当てられるかを綿密に計算することである。
家を持つと返済以外にも出費が増える(維持管理費、税金、光熱費等の増加など)ので
それらも考慮すること。>銀行に勤務しています。
正直言って、経験談ってあまり参考にならないですよ。
ローンって、その人の家計の状況、将来の収入の可能性、家族状況によって全く考え方が変わってきます。
Yahooの掲示板などをみていても、プロが「無謀」というケースでも、自分は同じような状況でローンを組めた「無謀」でありません。とか、平気で回答する方もいますが、プロは過去の経験に基づいて考えられるリスク、家族状況などを考慮して判断しているのに対して、素人の経験談って「今」しかみていなくて、自分が標準のように考えている傾向があるようです。
審査の基準も、手続きにしても、借りた後の手続き等についても銀行によって違います。
ネットに書いてあったから、経験談では大丈夫だったからの思い込みは、とんでもない失敗を招く傾向があるようです。
わからないことは、「銀行」のローンプラザなどで相談してください。
一般的に、ローンプラザの担当者には経験豊富な方を配置していますので、親身になって相談に応じてくれますよ。>簡単に
フルタイムの共働きなら、
連帯債務にして、二人でお金を借りる と住宅ローン控除が二人分受けられる
ただし、連帯債務可能な金融機関で、繰上げ等の手数料が安いもしくは無料なものを探す事
手元資金が余裕あるならば、変動を選ぶのも手
金利が上がったら、一気に繰上げすれば、少しくらいの金利差は持ちこたえる
よろしければ、私の体験談もどうぞ
mixi.jp/view_diary.pl?id=1743103560&owner_id=15978252>

アパートローン期限前弁済手数料(違約金)について

アパートローン期限前弁済手数料(違約金)について現在横浜銀行で5年固定で金利0.9%、あと1年で5年目となりますが、他銀行から0.6%以下の金利の提案がありました。
他銀行からは横浜銀行へこの話をすると、金利の引下げを検討してくれる可能性が高いとの話がありました。
そこで横浜銀行へこの話をしたところ、期限前弁済手数料(違約金)が掛かってしまうとのことでした。
他銀行では反対の立場の場合、現在は違約金なしで変更手数料だけで金利引下げで顧客に対応する場合があるとのことでしたが、ここで質問です。
横浜銀行では期限前弁済手数料(違約金)なしで、変更手数料のみで金利引き下げの仕組みがないとの話です。
どなたか横浜銀行でこのような状況で、期限前弁済手数料(違約金)なしで対応してもらえた方はおられるでしょうか?私としては仕組みはあるが、対応できないということであれば納得できるのですが、本当に銀行として仕組みがないということに少々疑念を持っております。
顧客の属性により対応ができないということは、どこの銀行でもあるはずと思っています。
これは銀行との信頼関係の話ということで確認したいと思い質問させていただきました。
間違いなく仕組み自体ないということであれば、今までの信頼関係で引続き取引をし、5年の期限がきたとき改めて金利の相談をするつもりです。

アパートローンは、住宅ローンとは違い、事業ローンですので、銀行の変更はできないのが通常です。
できれば、今の返済額でするか、また、家賃を値上げしてローンを組んだ銀行へ支払うか、違約金を払い別銀行に乗り換えるかのどちらか。
それは、あなた次第ですよ。
私も金融機関でマンションの建設資金で組んだことはありますが、金利は、最低の年0.3~0.45%前後。
なお、借入金額は、20億円です。
借入金額が多いほど金利も下がります。
それでも、15年で完済したけど。

ペアローンについてお知恵を拝借したいです。

ペアローンについてお知恵を拝借したいです。
頭金1000万で2450万の中古一戸建てを購入予定です。
ローンは1700万で事前審査中です。
夫は33歳で年収300万。
妻(私)は31歳で年収450万。
不動産屋さんにペアローンを奨められていますが、初期費用・手数料が2倍高くなると知人に聞き悩み中です。
築25年なので住宅ローン減税の恩恵は受けられないと思いますので単独ローンでいいんじゃ…?とも思います。
不動産屋さんは『共働きで共同で支払うなら後々揉めない為にはペアローンを!』と言ってますが、離婚とかの時の財産分与の為でしょうか?収入合算という手もあるようですが、最終的にはどちらがお得なのでしょう??(※こんがらがって参りました(^-^;)その他のメリット、デメリットもあれば教えて頂けたら嬉しいですo(^-^)o

築年数からしてローン減税は受けられないでしょう。
さて、今回のようなケースですと御主人さま単独でも、お二人でもローンが組めるので、3パターンのローンの組み方の選択になりますね。
(一般的な銀行ローンの場合)ポイントは団体信用生命保険と持分ですね。
○主人単独でのローン→団体信用生命保険はご主人が加入、持分についても銀行ローンを組む分についてはご主人がもつ○収入合算で、妻が連帯債務者となるパターン→団体信用生命保険はご主人のみ加入(一部の金融機関では両方加入で割合を決めるケース有だがごく一部)、住宅ローン分の持分について、奥様も持てます○ペアローン→それぞれが1本ずつ(1700万円を分ける)ローンをくみ、それぞれの連帯保証人になる制度。
この場合団体信用生命保険をそれぞれ加入。
住宅ローンの持分については、それぞれ組んだ分だけもつ。
団体信用生命保険は加入者に万が一の事があった場合、住宅ローン残高が0になります。
=ペアローンで組まれた場合、ご主人に何かあっても、奥様のお借入部分については残債が残ります。
お仕事されてるのでその場合も支払いは大丈夫だと思いますが、ここが注意ですね。
持分についてですが、頭金(物件代金の)750万円分について奥様の持分にすればわざわざローンを一緒に組まなくても持分もてます。
(この場合、目安で主人7割・妻3割ってとこですね)後々揉めないように=離婚の場合にということですね。
実際の離婚協議となった場合、どうなるのかはわかりませんが持分をもっているほうがいいという考えのもとおっしゃってるのでしょう。
ただ、そこを気にしないのであれば奥様は現金部分の持分でいいのでは?と私は思います。
ペアローンの諸費用についてですが、保証料は通常と変わりません。
事務手数料×2本、印紙代が×2本になるくらいですね。
登記費用もさほど影響はないでしょうし、5万弱~10万円の間くらいで高くなると思っていただければいいと思います。
最終的にどちらがお得かという観点ですが、質問者様が持分を持ちたいか持ちたくないかによって変わるかと思います。
少しでも多く持分をということであれば、連帯債務者としてローンを組むかペアローン万が一の時団体信用生命保険を主人にということであれば、連帯債務者としてローンを組むか主人単独ローンということで、どちらも解決できるのは連帯債務者としてローンを組むですね。
ただ、ペアローンにしても連帯債務者としてローンを組む場合でも一緒に返していくことになります=ローンの返済義務が法的に発生します。
わたしの個人的意見では、持分の希望がなければご主人単独でローンを組んで現金部分の持分を奥様で持つでいいと思いますよ。
長々とまとまりのない文章ですいません。
ご参考になれば★

ペアローンだとそれぞれの負担がはっきりしている(ようにみえる)。
でもお互いに連帯保証人になるので、全体に両人とも責任がある。
連帯債務と同じ。
それなら手数料の少ない連帯債務で充分。
この場合は収入合算で審査する。>このケースの場合は普通単独ローンを営業は勧めます。
借金の自己歴がなければ年収の7倍までは借入可能です。
御主人単独でも奥さん単独でも問題ないハズです。
銀行には独自でやる返済比率の計算があります。 銀行によって違いますが今回のケースの場合は難なくクリアします。
ではペアローンを勧められた理由ですが。
単独では審査に通らない危険がある場合。(それぞれのクレジットカードや借金歴、勤続年数が短い)
司法書士とグルになって登記関係で手数料を取ろうとする場合。(正直、これが濃厚です)
不動産会社の担当が住宅ローンの知識があまりない場合。>質問者さんが書かれていないものとして、単独ローンのメリットは、組んだ人がお亡くなりになった場合、団信に加入していることで、その後の支払いは免除になります。(ペアローンの場合は、もう一人は払っていく形になります。)>

住宅ローンの団体信用生命保険について。

住宅ローンの団体信用生命保険について。
離婚したので家をローン残額込みで財産分与してもらいました。
ローンは連帯債務、団信の名義は前夫だけのままです。
この場合前夫が死亡や高度障害状態になった場合には残額の支払いが免除されると思いますが、ローンを支払っているのは私ですので、私が払えることが理由で(前夫が払えなくても)保険がおりない可能性はありますか。
簡単に言うと、ローン残額がまだあるのに、前夫が死亡 ↓団信の対象の人はいないけど、連帯債務者(私)は支払える ↓団信保険おりないという状況はありうるのか、ということです。
詳しい方お願いします。
補足ローンの名義は前夫と私の連帯債務です。
どちらが何割、といった内訳は無いと言われました。
住宅の名義は私です。
団信はローン全額に対して掛け金を払っています。
かなり特殊なケースらしく、金融機関の担当の方に聞いてもあいまいで不安です。
団信は加入時のまま継続するので、保証内容も変更がありません、と言われましたが法律上などの知識をお持ちの方がいらっしゃればと思い質問しました。
引き続きお願いします。

ローンの連帯債務の詳しい内容、ローンの名義人、住宅の名義人はどのようになっているのでしょうか?団信の掛け金はローンのうちどれだけの額に対しての掛け金でしょうか?団信が前夫さんのみということは、前夫さんの負担分はチャラになると思いますが、質問者さんが連帯債務で返済している分はチャラにならないと思います。
が、状況がよくわかりませんので何とも言えません。
どちらにしても、かなり重要なことだと思うので、借入機関に確認しておいた方が良いと思います。
補足拝見しました。
団信の保障内容に変更がないということは、被保険者(前夫さん)が亡くなった場合には全額支払いとなるのではないでしょうか。
団信は特殊と言えば特殊ですが、生命保険に変わりはありません。
被保険人を前夫さん、受取人を金融機関とした生命保険です。
ローン残高の全額に対しての保険料を支払っているということは、死亡時にはそのかけた分(ローン残高全額分)保険金が支払われて当然かと思います。
で、金融機関としては、団信がおりればそれで良いし、おりなければ質問者さんに引き続き支払ってもらうだけでしょうから、正直どっちでも良いはずです。
「団信の判断なので、当行としてはいかんともし難いのです。
」と言えば済みますから。
ちなみに団信は銀行(金融機関)そのものが行っている事業ではありません。
たとえば、銀行であれば「地方銀行協会」という社団法人が取り扱っている保険商品です。
協会にはいくつか種類があります。
この場合、ご心配であれば、借入金融機関ではなく、前夫さんがご加入の団信の取り扱い協会にきっちり聞いておくべきでしょう。
保険金の支払いを決めるのはあくまでも保険者である協会なんですから。
団信の保険者は約款に書いてあるでしょうし、金融機関に聞けばわかるはずです。
ご参考までに。

デュエット(夫婦連生団信)では無いようですね。
その場合、旦那さんが無くなった場合のみ保険が支払われ
ローン残が0円になります。
逆を言えば、奥さんが死亡した場合には、保険金は一円も
支払われません。
奥さんが無くなった場合の対応が必要です。
上記内容については、住宅金融支援機構のHPに記載があります。>

-ローン

© 2020 TM聴きながらセルフコントロールしてる俺